【子育て向け】ばんどう太郎でのお食い初め体験レポート

父まぐろ
父まぐろ

​こんにちは、3児の子供をもつ父まぐろです‼

今回でお食い初めも3回目です。この記事は次のような方にオススメの内容です。

今回の記事は、このような方におすすめ

コロナ禍のお食い初めってどうなの?と疑問がある方

お食い初めの準備がよくわからない方

おじいちゃんやおばあちゃんがいない方

ばんどう太郎が好きな方

「ばんどう太郎」での「お食い初め」について実体験を踏まえて紹介させていただきます。

我が家は今までずっと「ばんどう太郎」さんでお食い初めをしています。

コロナの影響も考え自宅でやろうかとも考えたのですが、ばんどう太郎さんに相談+御配慮いただき、最終的に「ばんどう太郎」さんでお食い初めをすることにしました。

これからお食い初めを考えている方には参考になる内容になっていると思いますので、そんな方々に読んでいただければうれいしいです。

それでは早速紹介させていただきます。

※長めの記事ですので忙しい方は「ばんどう太郎でのお食い初め」を最初に読んでみてください。

​ばんどう太郎とは 

 ばんどう太郎さんの企業ホームページを参考にさせていただきました。

「ばんどう太郎」さんは関東を中心に60店舗以上をかまえるファミリーレストランです!

 ばんどう太郎さんは「親孝行」をモットーに活動されております。

  1. ばんどう太郎の「親」とは目上の人、上司、先輩、親、すべてお世話になった人を親といいます
  2. ばんどう太郎の「孝」とは相手に理解していただくまで誠心誠意人に尽くすことです。
  3. ばんどう太郎の「行」とは自らの行動で実行し続けることです。
    人が育つ会社、人を育てる会社、人づくり企業を目指します。

企業理念の通りほんとうに家族にやさしいレストランです!

近くに店舗があるかどうかはこちらから検索できます。

坂東太郎の店舗検索

もし近くにありましたら是非オススメですので利用してみてください。

関東では「ばんどう太郎」はふるさと納税にもなるくらい有名なお店です。

茨城県境町が発祥の地であり、境町の魅力も別の記事で紹介しております。

お食い初め

お食い初めについて

 歴史ある伝統行事で、赤ちゃんが一生食べ物にこまらないよう健やかに大きくなりょうにと祈りをこめて行うものです。

 生後100日のお祝い事であり、「100日祝い」ともいわれたりします。

 ですが100日ピッタリではなく100日から120日の間に大体は行われるようです!

 一汁三菜が基本の様ですが地域によっては特産品などが加えられることがあります。

 そのほか、赤ちゃんによっては、お食い初めの時期(100日前後)に歯が生え始めることから「歯固めの石」というのを用意して丈夫な歯が生えますようにと祈りを込めます。

用意するもの

献立は一汁三菜が基本と書きましたが、

代表的な献立は「赤飯、尾頭付きの魚(鯛)、吸い物、煮物、香の物」ですので、それらを用意します!

それぞれの意味は


赤飯:魔除け。病気や災難に合わないように。

尾頭付きの魚(鯛):お魚一匹まるごと用意することで首尾一貫を表し、長寿や健康を願うため。

吸い物:ハマグリなどを使用し、良縁に恵まれるように。

煮物:縁起物がおおく入っており、昆布は「よろこんぶ」、レンコンは穴があいているので「先行きをよく見通せるよう」に。

香の物:「多幸(たこう)」にかけられ長寿を願うため。​​

その他に、「歯固めの石」も用意します!

歯固めの石の代わりに「梅干し」を使用することもありますが、これはしわができるまで長生きできるようにという意味もあるようです。

食器も実は決まりがあります

男の子は内外ともに朱色の漆器、女の子は外側が黒色・内側が朱色の漆器を使用します!

お箸は「祝い箸」を使います!
柳の木で作られた「両口箸」のことのようです。

用意するものはだいたいこんなところでしょうか?

実際のやり方

 場所はご自宅でもレストランでもよいですが、主役は赤ちゃんなので赤ちゃんの慣れている環境がいいのは間違いありません。

 我が家は第二の自宅である「ばんどう太郎」さんで行いました。

 食べさせるのは伝統的には長寿を願い親族の中で一番年長者が行うものですが、最近は祖父や両親などご家族の都合に合わせて行うのが主流のようです。

 我が家は、父まぐろか母まぐろが行ってます。

 次にご家族さんがお箸を使って、赤ちゃんにお魚などを食べるまねをさせます。

お食い初めの順番
①赤飯
②吸い物
③赤飯
④魚(鯛)
⑤赤飯
⑥吸い物
①→⑥を3回繰り返し、それが終わったら歯固めの儀式を行います。

「歯固めの儀式」

歯固めの石にお箸を軽く当てて、「丈夫な歯が生えてくるように」と願いながら、赤ちゃんの歯茎にちょこっと当てるようにします。

ちなみにご自宅でもできるように一通りそろったセットもありますので、ご家庭の状況にあわせて検討してみてください。

父まぐろは利用したことがないので、コメント欄で使用感など教えていただければうれしいです。

ばんどう太郎でのお食い初め

 上に書きましたが自宅で全部揃えるのは少し手間がかかりますが、ばんどう太郎さんではそれも心配無用!
 それではばんどう太郎さんでのお食い初めについて書かせていただきます。 

予約

 まずは予約を取る必要がありますので、ばんどう太郎さんに電話を!

 そうすると、日時を聞かれますので、希望のお時間をお伝えください。その時にコロナ流行もあってか、私たちが安心できるようにと、人が少ない時間などを教えて案内してくれました。

 そして個室を用意してくれます。

父まぐろ
父まぐろ

個室を用意してくれるのは非常に助かりました。

料金 (2021/9/21時点)

 お値段は以前から変わらず、

お食い初め膳:1,200円+税、

お食い初め膳(鯛付き):3,000円+税

父まぐろ
父まぐろ

鯛付きにすると料金が高くなりますが、個人的には鯛付きをオススメ‼

一生に一度なので前向きに検討する余地は大いにあり。

 次に赤ちゃんのお名前なども聞かれますのでよければお伝えください。

 そうすれば、赤ちゃんの名前入りでお祝いの飾り付けがしてくれます!

 それと当日食事をしていくかどうかも聞かれますがお食い初め膳の一部はテイクアウト可能です!

注目ポイント

 お食い初め膳の一部はテイクアウト可能

 鯛もテイクアウト可能でした

 ばんどう太郎さんのテイクアウトはおススメで、こちらの記事でも紹介をさせていただいています。

当日

 お店に伺うと個室へ案内してくれます!

 お部屋にはお食い初め様に飾り付けがされておりいい感じ!

 それとお食い初めは、女将さんがお手伝いしてくれます。

 初めてで心配な方のために、おかみさんが遠くから順番を教えてくれるなどの臨機応変な対応もしていただけますので安心してください。

 もちろん女将さんがお部屋に居なくても家族さんだけもできるように食べる順番などはしっかり教えてくれます!


出典:ばんどう太郎さんホームページより

ちなみに写真にもありますが、ばんどう太郎さんでは「歯固めの石」の代わりに梅干しをだしていただけます。

儀式の最中にビデオ(我が家持参)を撮影していただけたり記念撮影も適宜してくれます。

さらに最後には飾り付けの前でも記念撮影をしていただけます!

そのほか自宅のカメラ+ばんどう太郎さんのカメラで写真撮影していただけます。

ばんどう太郎さんが撮影した写真はお店に飾ってもいいかどうか聞かれますので、ご家族さんのご意向を伝えていただければよいかと思います。

お食い初めが終われば食べものは自宅にお持ち帰りできますので、我が家は鯛だけ持ち帰るようにして、その他は私たちが美味しく頂きました!!

父まぐろ
父まぐろ

梅干しがすっぱくて美味しかった。

まとめ​​​​

 以上が「ばんどう太郎」さんでのお食い初めでした!

 記念撮影やいろいろお手伝いいただいて、かたずけもしなくていいと考えるとコスパも最高なので個人的にはかなりおススメです!​

父まぐろ
父まぐろ

 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 皆さんのお食い初めの参考にしていただけると嬉しいです!

ばんどう太郎での一升餅祝い

ばんどう太郎さんで一升餅祝いをしたお話はこちらのリンクから読めますので、詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

ばんどう太郎での一升餅祝い

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

3人の子持ちブロガー。

初回受験時のTOEIC点数は400点以下で絶望するも、様々な参考書や勉強法を試すことにより920点を取得。TOEICで高得点を取得後は社内でも一目置かれる存在に!

子育てしながらも、英語の勉強ができることを広めるためブログを開設。

コメント

  1. […] 「ばんどう太郎でのお食い初め」 https://chichimaguro.blog/baby_food/ ​今回のメニューなどは、ばんどう太郎さんのホームページより引用​してますそれでは早速行きましょう!! […]

  2. ちちまぐろさん、こんにちは!

    今は某地方都市なので、利用できそうにありませんが、
    来年は東京本社に戻る予定&2人目の予定もありますので、絶対に利用します!!!!

    おくいそめの準備などいろいろ考えると大変なことも多く、
    祖父母を呼ぶのも大変だなと思っていましたが、
    本当にメリットしかない、めちゃくちゃ有益な情報でした!

    • chichi_magurochichi_maguro より:

      ゴリラアーキテクトさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      関東にいらした際にはぜひご検討ください。

      ばんどう太郎でのお食い初めは本当にオススメです!

  3. お食い初め より:

    非常に参考になりました。

    我が家のお食い初めにはぜひ使わせていただきます。