【書籍紹介・要約】マーケティング初心者におすすめ「行動経済学」

父まぐろ
父まぐろ

このブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は「行動経済学」についてご紹介‼

皆さんは「行動経済学」という言葉を聞いたことがありますか❓

もし聞いたことがなければ非常にラッキーです💫

日常の中で買うはずでなかったものをついつい買いすぎてしまった経験はありませんか❓

それは知らず知らずのうちに「行動経済学」の手法にはまっているのかもしれません。

この記事を読めば、あなたも日常生活の罠にはまらずに済むようになるはずです‼

消費者心理を知りたい、マーケティングを仕掛ける側になりたい方には入門書としてもおすすめです。

今回の記事は

日常生活の罠にかからないようになりたい方、

マーケティングに興味がある方、

「行動経済学」に興味がある方、

におすすめの記事になっております。

早速紹介させていただきます。

行動経済学

著者紹介

だれもが恐れおののく東大教授 阿部誠さん。

東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授。

1991年マサチューセッツ工科大学博士号(Ph.D.)取得後、2004年から現職。ノーベル経済学賞受賞者との共著も含めて、マーケティング学術雑誌に論文を多数掲載。行動経済学の研究対象である人間の知覚バイアスや選好逆転に着目し、計量・統計モデルを用いて得られた分析結果をマーケティングに応用する研究を行っている。2003年にJournal of Marketing Educationからアジア太平洋地域の大学のマーケティング研究者第1位に選ばれる。

新星出版社ホームページより引用

http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-12011-2/
父まぐろ
父まぐろ

ノーベル賞受賞者と一緒に本も書いたりと信じられないくらいの業績が多数‼

行動経済学とは

行動経済学は個人の心理を扱う経済学で、知識ゼロの人でも理解しやすく、かつ実際のビジネスに役立つテーマです。行動経済学の研究対象である、人間の非合理的な意思決定方法を学べば、営業職にも企画職にも生かすことができます。

例えば、宿泊予約サイトにリアルタイムの閲覧者数を表示することで、「これだけ注目されているならいいホテルに違いない」「急がないと埋まってしまうかもしれない」と思わせて予約を促す仕組みは行動経済学の活用と言えます。

本書は行動経済学の基本となる考え方をイラスト図解で簡単に示し、それをビジネスや生活に生かすための方法を豊富な実例とともに紹介します。「見るだけで会話・説明ができる」というシリーズコンセプトの通り、この本を読めば行動経済学的な視点で戦略や企画を提案することができるようになります。

新星出版社ホームページより引用

http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-12011-2/

本書の中では人間の深層心理を踏まえた上でのマーケティングテクニックなどを分かりやすく説明していただいています‼

今回はその中でも、私が特に勉強になった・今からでも使えるものを3つ選ばせて頂きました。

おすすめポイント

極端の回避効果

「あなたは2択と3択ならどちらのほうが選びやすいですか」

2択だと多くの方は迷いがちですが、3択になると真ん中が選ばれやすくなります。

これは人間が極端なものを回避する傾向があるからで、

それを「極端の回避効果」といいます。

例えば「激辛」「ふつう」「激甘」の3つ選択肢があれば、多くの人は「ふつう」を選ぶはずです。

実際の現場での例を挙げると、

竹と梅のコースだけでは安価なものが選ばれがちですが、松コースを追加することによって松が極端に高く感じられ、結果的に竹が選ばれるようになります。

私たちが選んでいるように見えて選ばされている行動経済学の代表例です。

このように選んでほしいものを選ばせることを「おとり効果」ともいいます。

父まぐろ
父まぐろ

みなさんも思い当たる節があるはず

損失回避性

「絶対に10万円失う場合と、50%の確率で20万円失うが50%の確率で一銭も失わない場合」

この二つの選択肢があるときには、あなたはどちらを選びますか❓

大体の方が「50%の確率で20万円失うが50%の確率で一銭も失わない」を選ぶはず。

人間は儲けた時のインパクトと損した時のインパクトでは、損した時のインパクトを大きく感じる心理があります。

例えば、1000円拾ったときのうれしさを「1」とすると、1000円落としたときのかなしさは「2.25」倍大きく心理的な影響があるのです‼

そのため、人は損失を回避しようとし、そのことを「損失回避性」といいます。

実際の現場での例を挙げると、

人の不安をあおる、いわゆる「不安商法」がこれにあたります‼

「今買わないと○○円の損」

「壁が傷んでいるからリホームしないと家全体が壊れちゃいます」

などなど

父まぐろ
父まぐろ

得することよりも損することを大きく感じるのが人の本能のよう

不安商法にはひっかからないように‼

ハロー効果

ハッキリ言って、全員が全員いつも正しい判断ができるなんてことはありません‼

人気タレントがCMが宣伝しているものって買いたくなっちゃいますよね。

これは「ハロー効果」の代表例です。

「ハロー効果」とは目立ちやすい印象にひっぱられて他の特徴についての評価を怠ってしまうこと。

例えば、

「さわやかなタレントが宣伝していると、宣伝されているものもさわやかな印象を受ける」

「すごい肩書の方が評価しているものはよく感じる」

などなど

父まぐろ
父まぐろ

記事とは関係ないですがさわやか写真を載せてみました

私の記事もさわやか印象が加わりましたか❓

まとめ

今回は「行動経済学」について紹介させていただきました。

「行動経済学」は図解がいっぱいで、マーケティングの入門書としても非常に分かりやすい内容になってました。

日常生活に潜む行動経済学を堪能していただけたでしょうか❓

もしまだまだ気になっているかたは、ぜひお手に取って読んでみてください‼

自分で考えて行動していると思っていた私たちの日常は、実は他人にコントロールされているのかもしれませんね。

父まぐろ
父まぐろ

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント