【書籍紹介・要約】コロナ禍を支えたビジネス賞特別賞受賞「人は話し方が9割」

父まぐろ
父まぐろ

こんにちは、父まぐろです‼

今回は読んだことで救われたという方多数の「人は話し方が9割」を紹介します‼

もっと話し方がうまければ人生がうまくいくはずなのにと思ったことはありませんか❓

人間関係の悩み=話し方の悩みといっていいほど多くの方が話し方に悩みを抱えています。

私もその一人です。

そんなときに役立つのがベストセラーになっている「人は話し方が9割」です。

この記事では「人は話し方が9割」の中から特に感銘を受けたポイントを紹介させていただきます‼

今回の記事を読むことで、人と話すのが楽しくなるコツが得られます。

今回の記事は

「人は話し方が9割」について知りたい方

話し方がうまくなりたい方

身近な人との人間関係を円滑にしたい方

に特に有益な内容になっています‼

それでは早速紹介させていただきます。

「人は話し方が9割」

作者紹介

永松茂久 さん

大分県中津市生まれ。

2001年、わずか3坪のたこ焼きの行商から商売を始め、2003年に開店したダイニング陽なた家は、口コミだけで県外から毎年1万人を集める大繁盛店になる。

自身の経験をもとに体系化した「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。

「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は45万人にのぼる。

2016年より、拠点を東京麻布に移し、現在は執筆だけではなく、次世代育成、出版コンサルティング、イベント主催、映像編集、ブランディングプロデュースなど数々の事業を展開する実業家である。

著作業では2020年、書籍の年間累計発行部数で65万部という記録を達成し、『人は話し方が9割』の単冊売り上げで年間ランキング1位を獲得(日販調べ)。

著書に『在り方 自分の軸を持って生きるということ』(サンマーク出版)、『30代を無駄に生きるな』『20代を無難に生きるな』『影響力』『言葉は現実化する』『心の壁の壊し方』『男の条件』『人生に迷ったら知覧に行け』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は190万部を突破している。

プライベートではティーカッププードルである「とら」「さくら」「ひな」「ももこ」の子育てにもっか奮闘中。

https://www.nagamatsushigehisa.com/about より引用

父まぐろ
父まぐろ

たこ焼き屋から始まり、現在は数多くの事業を手掛けている実業家の方です。

そして、多くのベストセラー本を出版されています。

おススメのポイント

本書には37の話し方のコツが書いてありますが、私が特に感銘をうけたのは第3章の

人に嫌われない話し方!

  1. 「嫌われない話し方」は、「好かれる話し方」以上に重要
  2. 話し上手な人は、余計なひと言を言わない
  3. 正論は「ストレート」ではなく、「変化球」で伝える
  4. 悩んでいる人の心を軽くして気持ちよく話してもらう方法
  5. 肩書・立場によって話し方を変えない
  6. 嫌われる人の話し方、その共通点
父まぐろ
父まぐろ

さらにこの中から、特に皆さんのお役にたてる内容をピックアップさせていただきました。

「嫌われない話し方」は、「好かれる話し方」以上に重要

コミュニケーションにおいて最も重要なことは「好かれる前に、まず嫌われないこと

人の感情は快と不快の二つしかないため、

初対面の時には

「この人と仲良くなりたいな」「いい人だな」か

「この人とは話したくないな」「嫌な感じだな」のどちらかの印象になります‼

そして、一度人から嫌われてしまうとリカバリーするのは難しいので第一印象は非常に大切です

正論は「ストレート」ではなく、「変化球」で伝える

相手の気分を害する否定的なひと言には注意が必要です‼

これは皆さんもよく知っているかと思いますが、

どうしても相手の誤りを指摘しなければならない場面もあると思います。

そんな時に便利な伝え方として紹介されているのが「相手の逃げ場を塞がないような伝え方

つまり「相手に寄り添う伝え方

便利フレーズとして

「私も以前に同じ間違いをしたことがあるのですが・・・」

「私も昔上司から怒られたことがあるのですが・・・」

が紹介されています‼

もし自分が相手の間違いを指摘しないといけない時はぜひこのフレーズを思い出してください。

そして大切なポイントとして、

自分が同じ間違いをしたことがなくても使っていいフレーズ」だということも忘れないで下さい。

父まぐろ
父まぐろ

この便利フレーズは今からでも使えるので、ぜひ覚えておいてください‼

自分なりの「相手目線フレーズ」を考えてみるのも楽しいですね。

嫌われる人の話し方、その共通点

  1. 4Dワードを連発する人
  2. つっこんだ男女関係や下ネタを話す人
  3. お笑い芸人のようにおちと求めたりいじりすぎる人
  4. 勝手に話をまとめてしまう人
  5. 相手の話を奪う人
  6. すぐになれなれしい口をきく人
  7. 負け惜しみをいう人
父まぐろ
父まぐろ

4Dワードとは「でも」「だって」「どうせ」「ダメ」のネガティブワードのことです‼

この共通点にあてはまるところがありましたら、気を付けるようにしましょうね。

それだけでも嫌われる可能性がぐんと下がります。

まとめ

今回は「人は話し方が9割」について紹介させていただきました。

たった3つだけポイントを紹介させていただきましたが、すぐにでも役立つ内容になっていると思います。

本書ではまだまだ具体的な方法が書かれていますので、ぜひご自身でも読んでみてください‼

父まぐろ
父まぐろ

今回の記事はここまでにさせていただきます。

それでは次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

コメント