【子育て向け】タルムード読み聞かせ「金の冠をかぶった雀」

​​​​​​​​

父まぐろ
父まぐろ

こんにちは、父まぐろです。

今回は「タルムード」読み聞かせシリーズです。

最近話題のタルムード絵本を子供に読み聞かせてみましたので、実際の効果を報告させていただきます。

読み聞かせるだけでなく大人が読んでも参考になる世の中の真理が詰まった絵本です。

今回のブログは、これから社会に出ていく方に特に知っておいていただきたい内容になっておりますので、良ければ最後までお付き合いください。

今回読み聞かせしたのはタルムードの中でも代表的な「金の冠をかぶった雀」です!!

↑金の冠をかぶった雀(子ども向け) 絵本で学ぶタルムード Kindle版より画像は引用

実際の絵本を探したのですが、見つかりませんでしたので私もKindle版を買わせていただきました。

タルムードとは


 ユダヤ人が古くから語り継いでいる行動哲学のことです。

 そして、タルムードはユダヤ教徒が守るべき聖典の中でも世の中の真理をついた寓話を数多くもっています‼

 タルムードは世界中で訳されておりますが、ヘブライ語でかかれたタルムードのみが「聖典」とされています!

詳しくはこちらの記事で紹介してますので、ご興味がある方はぜひ読んでください。

なぜ話題なのか?

それはタルムードがユダヤ人という優秀な民族の中で語り継がれてきたからです。

 ユダヤ人というと第二次世界大戦中の迫害など悲惨な過去を想像すると思いますが・・・

 強調すべきはその過去ではありません。

 むしろユダヤ人の偉大な業績にこと注目すべきです。

 ノーベル賞受賞者の約20%がユダヤ人で、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、google創業者のラリーペイジなど著名人がユダヤ人なのです。

 タルムードは豊かに生きるための時代を経ても色あせない普遍的な真理について書かれておりますので、ユダヤ人が子供のころから読み聞かせという形で真理を教えられてきたことを考えると、なぜユダヤ人に優秀な方が多いのかわかる気がします​。

 ユダヤ人のご家庭ではタルムードを読む中で質問をしながら読み進めていく対話形式をとっています。

 真理を伝えるだけでなく親子のスキンシップをしていくのにも役立ちます‼

 最近ではリベ大両学長がyoutubeで解説をしても話題になっています

日本でも生活のなかで気を付けるべきことは絵本や昔話という形で子供たちに伝えています。

絵本や昔話として伝えていくというのは教育としても効果的なのです!!

金の冠をかぶった雀


 この物語は日本の昔話とは違い、救われるような結末や予定調和のハッピーエンドはありません。

 そらだからこそユダヤ人の行動原理として数千年も語りる画れているのです。

 できれば実際に自分で読んでいただきたいので簡単なあらすじのみ説明させていただきます。

あらすじ

 ワシにのって国中を見回っているソロモン王を雀たちが助けたところからお話が始まります。

そして
 雀たちは王様になんでもほしいものを与えるといわれます。

仲間たちで話し合い、
​​ 雀たちは王様に雀全員に金の冠をいただけるようにお願いします。

 でも金の冠を欲しいといったときに、ソロモン王から「あまりいい考えではないから、考え直した方がいいよ」と言われます。

でも雀たちは頑なに王冠を欲しいとお願いをし金の冠をもらうことになるのです。

 そして、ここから雀たちの悲劇が始まります。

 悲劇の末、ほどんどの雀たちが死んでしまいます。

 物語の結末は人生の羅針盤タルムードらしい厳しさを持った内容になっています。

 こちらの「タルムード」金言集で取り上げてくれていますので、結末は是非ご自分でも確かめてみてください。

教訓

この絵本だけでもいくつも学ぶべきポイントがあるのですが、

私が感じた真理ポイントは「常に自分自身が雀であることを忘れてはいけない」ということです。

つまり「不相応な行いは身を亡ぼす」ということ。

私が読み聞かせをしたのに私自身も勉強になりました。

つまり、だれが読んでも為になるのが「タルムード」です。

実際の読み聞かせ


​ 実際の読み聞かせ(6歳児へ)がどうだったかというと、、、

結論

 あまりに日本の絵話と毛色が違い、ポカーンって感じでした・・・

 対話形式も慣れていないのか、しばらく考え込んでました。

 ですが、考えさせるという行為自体が一番のポイントですので、これからもタルムードを読み聞かせ続けたいと思います!!!

まとめ・感想​​​

「金の冠をかぶった雀」の教訓ポイント

不相応な行いは身を亡ぼす

タルムードは義務教育で道徳と一緒に教えてもいいレベルです。

タルムード読み聞かせを子供のころからやっていれば人生観が変わるのは間違いなし!

皆さんのご家庭でも試してみて欲しい内容ですので、ぜひ読み聞かせてみてください。

併せて読みたいタルムード「 キツネとブドウ畑 」

その他のタルムードが気になる方も多いはずです。

そんな方にはこちらがおすすめ。

Amazon Kindle版で「キツネとブドウ畑」が読めますので、ぜひ読んでみてください!

今なら250円と非常にお買い得です!

寝かしつけにおススメのアプリ

タルムードの読み聞かせは非常におすすめのですが、寝かしつけの時に役立つアプリがありますので紹介させていただきます。

自分たちで絵本を作ることができるアプリです!

楽しみながら寝かしつけをしたい方は一度は使ってみてください。

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

3人の子供をもつ父親ブロガー。

初回受験時のTOEIC点数は400点以下で絶望するも、様々な参考書や勉強法を試すことにより920点を取得。TOEICで高得点を取得後は社内でも一目置かれる存在に!

TOEIC受験歴も多数あり、その経験を生かしてTOEIC攻略のコツを解説するためブログを開設。

コメント