【TOEIC初心者向け】効率的にTOEIC学習するならポモドーロ・テクニック!

父まぐろ
父まぐろ

今回も英語学習に役立つ内容になっています!

この記事は、このような方におすすめです。

TOEIC初心者

TOEIC学習を効率よくしたい方

英語学習って大変だよ・・・

集中力が持たない・・・

つづけた方が結果につながるのは分かってるけど、なかなか続けられないよ・・・

そんな声をたくさん聞いてきました。この記事を読んでいたているあなたも、一度はそう思ったことはありませんか?

でも安心してください!

英語を効率よく勉強するための「簡単なテクニック」があるんです。

その名は「ポモドーロ・テクニック

ポモドーロ・テクニックを使うだけで、今すぐにでも効率的な学習法を身につけることができます。

ポモドーロ・テクニックを知っているかどうかだけで、1週間後・1か月後の学習効果に驚くほどの差がでてきます。

TOEIC初心者でも、このテクニックを使えば600点以上を目指すことも夢ではありません!!

それでは早速紹介させていただきます。

TOEIC勉強の切り札

ポモドー・ロテクニックとは

「効率的に学習するための学び方」

もっと詳しく説明すると、学習の集中力を高めることで1回1回の学びを最大限まで引き出すことができます。

ですが、内容はいたって簡単!

ポモドーロ・テクニックの実際
① 25分集中して勉強
② 5分間は休憩
①と②を繰り返すだけ

このように勉強と休憩を繰り返すだけです。

非常に簡単な方法ですが、休憩をはさまず勉強した時よりも学習効率が爆上がり間違いなし!

なぜならばこのような効果があるかというと、休憩時間をとることで勉強の内容を頭の中で整理できる時間を得ることができるのも一つの要因です。

また、休憩時間があると分かっているだけで、25分の勉強タイムを大切にしなければならないという緊張感で集中できるようになります。

その他に、時間を決めて勉強するということで勉強をはじめるハードルを下げることができます。そのため、気分的に勉強をはじめ気にならないというときにも有効です。

ポモドーロ・テクニックを使う際の注意点・有効活用のポイント

ここではポモドーロ・テクニックを使う際の守っていただきたい注意点や有効活用する際のポイントを説明します。

注意点を守っていただけないと、せっかくのポモドーロ・テクニックも効果が半減してしまいます。

ポモドーロ・テクニックの注意点・有効活用のポイント
1.最初の内は25分ではなく15分なども可能
2.だけど短縮しすぎない
3.勉強時間は短縮しても休憩時間は確保する
4.スマホは手の届かないところへ置く・通知はオフ
5.継続が大切

最初の内は25分ではなく15分なども可能

基本は25分間の勉強タイムと、そのあとの5分間の休憩タイムにわかれて学習をしていくものです。

ですが、人によっては25分間が長すぎてしまうのも事実・・・

なので、慣れないうちは25分という時間にこだわりすぎずに、15分や10分など短縮してもよいです。そのかわり、休憩時間も3分や4分くらいにすこし短くしてください。

まずは、時間配分に慣れるのがポモドーロ・テクニックをうまく使うためのポイントのひとつ!

短縮しすぎない

勉強の時間を短縮するのはぜんぜん問題ありませんが、5分未満まで短縮しすぎてしまうと勉強時間が短すぎて集中がとぎれとぎれになってしまいます。

なので、できれば5分以上の勉強タイムは必要です。

勉強時間は短縮しても休憩時間は確保する

先ほど説明させていただいたように勉強と勉強の間に頭を整理する時間が必要ですので、休憩時間をとるようにします。

休憩時間がなくなってしまっては本末転倒・・・

スマホは手の届かないところへ置く・通知はオフ

これは非常に大切!

現代人の集中力を低下させるものの代表選手がスマホ。

スマホは勉強時間も休憩時間にも使わないで下さい!

スマホに触ってしまうと、せっかくの集中力が半減してしまいます。

なので、ポモドーロ・テクニックで勉強をしようと思うなら、ポモドーロ中はスマホに触らないで下さい!

継続が大切

ポモドーロ・テクニックは誰でもできる方法ですので、一度きりではなく何回も使ってみてください。

継続をすることで、その効果が何倍にもアップしていくこと間違いなし!

どんどん学習に取り入れてみてください。

ポモドーロ・テクニックは学術的にも認められている!

東京大学の池谷裕二教授の研究で「ポモドーロテクニック」の効果は実証されています。

結論から言うと、ポモドーロテクニックを使って勉強した方が使わないよりも20%程成績がよかった。

つまり、「休憩をとりながら勉強した人」の方が「休憩をとらないで勉強した人」よりも効率的に勉強をすることができる。

参照元:「池谷裕二教授の研究に関する記事

ポモドーロ・テクニックの由来

ポモドーロ:イタリア語でトマトのこと。

ポモドーロ・テクニックを用いて勉強する際にトマトのキッチンタイマーを使ったため、ポモドーロテクニックと呼ばれるようになった。

TOEIC勉強への活かし方

父まぐろ
父まぐろ

私が考えるポモドーロ・テクニックの活かし方の実例をひとつ紹介します

ポモドーロ・テクニックの一番のポイントは「勉強時間と休憩時間の区切りをしっかりとること」

ですので「公式TOEIC Listening & Reading問題集」を使うのであれば、25分という限られた時間でどれだけ解けるか試してみましょう!

Part毎にすべての問題を解く必要はありませんが、時間内にどれだけの問題が解けるかという時間間隔をやしなうのも一つの方法です。

もちろん他にも活用法はありますので、ひたすら単語を覚えてもよいです。

他の記事で紹介していますので「TOEIC攻略!英単語の勉強法!」も参考にしてみてください。

無料体験・無料カウンセリングがある英会話スクール

ポモドーロテクニックはTOEIC学習をする方には非常におすすめですが、一人でやり切れるか不安な方には英会話スクールを利用してもいいかもれません。

ですが、いきなり申し込むのはハードルが高いのは間違いありません・・・。

でも安心してください!

そこで役に立つのが「無料体験・無料カウンセリング

一部の英会話スクールでは無料体験・無料カウンセリングが利用可能です。無料体験・無料カウンセリングでは自分の英語力や弱点を教えてくれたりなど、無料とは思えないサービスを受けることができます。

無料体験・無料カウンセリングを上手に使って、自分にあうかどうか試してみて下さい。それが時間もお金も無駄にしない一番のいい方法。

英会話スクールにも興味がでてきた方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は、TOEIC学習に有効な「ポモドー・ロテクニック」を紹介しました。

記事の中で紹介した内容を下にまとめました。

ポモドーロ・テクニック
① 25分集中して勉強
② 5分間は休憩
①と②を繰り返すだけ
ポモドーロ・テクニックの注意点 ・有効活用のポイント
1.最初の内は25分ではなく15分なども可能
2.だけど短縮しすぎない
3.勉強時間は短縮しても休憩時間は確保する
4.スマホは手の届かないところへ置く・通知はオフ
5.継続が大切
父まぐろ
父まぐろ

「ポモドーロテクニック」を使って学習効率を最大がしましょう!

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント