【TOEIC初心者必見】2か月で400点→600点を目指すタイムスケジュールを徹底解説!

父まぐろ
父まぐろ

今回もあなたのお悩みにお答えします。

この記事は、こんな方むけ

TOEIC初心者

2か月間でTOEIC600点を取りたい方

「独学でTOEIC 600点を取りたい」

「めちゃくちゃ頑張るから、2か月間でTOEIC 600点を取れるようになる方法を知りたい」

父まぐろ
父まぐろ

あなたもこんなお悩みをお持ちですね。

今回は、どうしても短期間でTOEIC 600点を取りたいという方に向けて記事を書きました。

「そんなこと可能なの?」と思うかもしれません。

結論からいうと「可能」です。

もちろん、現在のスコアが500点の方ならば、2か月間もあれば600点にとれるようになります。

でも、「現在のスコアが400点でも可能なの?」という思うでしょう。

正直な話、過酷な道のりになることは間違いありませんが、2か月間あるならば十分達成可能です。

あなたのために400点→600点を達成できるタイムスケジュールを考え抜きました。

「どうしても2か月間で600点を取りたいんだ」という方には、非常に参考になる内容になっています。

この記事を読んで学習をすることで、2ヶ月間でTOEIC 600点を達成できるようになります。

まぐろ子
まぐろ子

「どうしても2か月間で600点と取りたい」「どんな勉強だって頑張る」という方。

そんな、あなたはぜひ読み進めてください。

タイムスケジュール

タイムスケジュール
1. 2か月前から1か月前まで
2. 1か月前から1週間前まで
3. 1週間前から前日まで
4. 試験当日

今回はTOEIC 400点の方が、600点を越えるためのタイムスケジュールになっています。

オックスフォード大学のスコア・学習時間換算表を参考にすると、200点スコアアップするのには約450時間必要になります。

なので、単純計算で1日8時間(450時間÷56日間)勉強する必要があります。

もちろん、もっと効率的に勉強をすることで時間を短縮することができますが、そのくらいは毎日勉強する覚悟が必要になります。

なので、隙間時間も徹底的にTOEIC学習に利用して勉強しましょう。

また、今回も参考書をいくつか紹介していますが、2か月間と限られた期間なのでタイムスケジュールの立てやすさを考慮して選びました。

もし、「もっと分かりやすい参考書があるけどな……」と思った方は、ぜひ利用してみてください。

ただし、私が紹介した勉強に追加して利用するようにしてください。

今回は限られた時間で600点を目指す内容になっていますので、学習内容は減らす方向ではなく増やす方向で勉強をしましょう。

まぐろ子
まぐろ子

隙間時間にできることを知りたいという方はにはこちらの記事がおすすめ。

2か月前

最初の1か月の目標

  • 英単語は2,000単語以上を理解
  • 中学程度の英文法をマスター
  • 短文の英語が聞こえるリスニング力

まずは基礎固めから始めて、上に掲げた目標を達成しましょう。

ですが、2ヶ月間しかありませんので、少しの時間も無駄にしてはいけません。

それでは、開始です。

単語学習から開始(1日目~20日目まで)

まずは、単語学習から始めます。

最低でも1日100単語を覚えましょう。

その時には「銀のフレーズ」を利用してください。

「銀のフレーズ」には約1,000単語収録されているので、10日間で終わらせることができます。

1単語あたり10秒程度を目安に覚えるならば、1周するのに1,000秒(約16分)程度しかかかりません。

なので、最低でも1日100単語を4周はしましょう。

2時間もあれば、十分4周は勉強できます。

この時にabceed(エービーシード)アプリを利用して、単語の音も一緒に覚えるようにしましょう。

10日間で「銀のフレーズ」が終了したら、同じシリーズの「金のフレーズ」を学習するようにしましょう。

「金のフレーズ」は600点レベル、730点レベル、860点レベル、990点レベルに分かれています。

600点を目指すのであれば、730点レベル以降の単語は学習しなくていいかというと、そんなことはありません。

730点以降の単語も知っておくことで、長文問題などもスムーズに解けるようになります。

そして「金のフレーズ」の学習を始めると同時に、文法の勉強をはじめなければなりません。

文法の勉強も、10日間で終わらせましょう。

「中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本」を使えば、10日間で中学・高校の英語を復習するこができます。

1日1章ずつ勉強してください。

1日1章ずつ進めればよいので、文法学習のノルマが終わった後は「金のフレーズ」での学習に時間を当ててください。

目安は「銀のフレーズ」と同様で、1日100単語を覚えましょう。

「金のフレーズ」もabceed(エービーシード)アプリを使うことで、音声を聞けますのでリスニング学習もかねて必ず聞いてください。

このように学習することで、ちょうど20日間で「銀のフレーズ」「金のフレーズ」「中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本」が終わります。

英単語・文法学習終了後(21日目~28日目)

文法の勉強が終わったら、本格的にリスニング学習を開始します。

単語学習の際に余裕がなくて、英単語の音までは聞いていないという方は、すぐにabceed(エービーシード)を利用して、「銀のフレーズ」「金のフレーズ」の英単語を一通り聞くようにしましょう。

1単語あたり約10秒程度ですので、1冊あたり3時間弱で全て聞くことができます。

まだまだ間に合いますので。1日1冊ずつ「銀のフレーズ」「金のフレーズ」の単語を聞いて終わらせましょう。

その上で、TOEIC Bridge公式ワークブックで、TOEIC専用の英語耳を作ります。

5~7日間でTOEIC Bridge公式ワークブック1冊を終わらせましょう。

TOEIC Bridge公式ワークブックはワーク(練習問題)が16章(unit)に分かれています。

リスニング問題がUnit 1~8(56ページ)、リスニング問題がUnit 9~16(58ページ)になっています。

その他、リーディング50問+リスニング50問の試験が2セットを収録。

なかでも試験は重点的に行ってほしいので、1日1模擬試験をする計算で考えます。

そうすると、3~5日で16unitのワークを終わらせる必要があるので、1日当たり4unitは終わらせましょう。

ワークを解いている中で、分からない文法があれば、必ず復習をしてください。

もちろん、時間があれば、「金のフレーズ」や「銀のフレーズ」の復習をどんどんしましょう。

2か月前

単語学習から開始(1日目~20日目まで)
・「銀のフレーズ」「金のフレーズ」を終わらせる
・「中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本」で文法学習
英単語・文法学習終了後(21日目~28日目)
・リスニング学習も本格始動
・「銀のフレーズ」「金のフレーズ」のリスニング
・「TOEIC Bridge公式ワークブック」で試験に慣れる

1か月前

この時点での、あなたのTOEICスコアを知っておきましょう。

公式TOEIC Listening & Reading問題集(公式問題集)を用いて模擬試験を行います。

公式問題集には2回分の試験内容が収録されていますので、まずは1回分利用しましょう。

残りの1回分は後日、模擬試験を再度しますので、その時用に保存しておいてください。

そして、試験に必須のテクニックも踏まえて、学習をしていく必要があります。

テクニックを使っているかどうかで、最終的なスコアに100点以上差がつきます。

ですが、テクニックも一度見たらマスターできるものから、何回か練習する必要があるものまであります。

テクニックを身に着けるためにも、ここから3週間は公式問題集をひたすら解きましょう。

ただし、多くの問題数を解くのもよいですが、1問1問大切にしていく方がよいです。

文法や分からない単語があれば、そのままにしないで必ず復習してください。

そして、リスニングは音が聞こえるようになるまで、同じ問題を何回も繰り返し聞くようにしましょう。

1か月前

・公式問題集で1回は模擬試験
 現在のスコアを知る
・「試験で使えるテクニック」を意識した学習
・公式問題集をひたすら解き続ける

1週間前

再度、公式問題集を用いて模擬試験をしましょう。

1か月前の時点で模擬試験をした際の残りを利用してください。

1週間前の時点でどの程度スコアがとれるかで、必要な勉強内容に違いがでてきます。

もしこの時点で600点を取れてしまったならば、無理をする必要はありません。

でも、油断は禁物ですので、毎日必ず英語の学習をするようにしましょう。

ですが大半の方は、まだ600点に届くかどうかのところにいるはずです。

私が紹介した勉強をしている方は、「これだけ勉強したのに……」とがっかりするかもしれません。

それでも安心してください。

それだけ伸びしろがある証拠です。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、英語学習を継続していると突然できるようになる時があります。

なので、あきらめずに勉強を継続していください。

では、どう勉強すればよいのかというと、2回目の模擬試験が参考になります。

なぜスコアが伸びなかったかを考えましょう。

「分からない単語が多かった」「見たことがあった単語なのに分からなかった」というのならば、今一度英単語を勉強しなおします。

単語は分かるけど、「長文になったら文章の構造が分からなくなった」というならば、文法の復習に力を入れましょう。

「そもそも、時間が足りなかった」「最後のリーディング問題までたどり着けなかった」という方は、テクニックに注力しましょう。

加えて、今までに利用した公式問題集でリーディング勉強を復習してください。

この1週間は新しい教材に手をださずに、今までの教材を繰り返し学習することで理解が深まります。

一方で、リスニングは上記の「単語力」「文法力」「テクニック」を鍛えつつ、繰り返し何度も英語を聞くしかありません。

なので、毎日試験と同じ45分以上は英語を聞くようにしましょう。

ちなみに、この45分間は公式問題集で行ってください。

そうすることで、本番のスピーカーの発音やクセに耳を慣れさせましょう。

もちろん、もっと長い時間リスニングをしても良いです。

最低限45分の公式問題集リスニングができているならば、気分転換に別の教材を使うのもありです。

1週間前

・公式問題集で2回目の模擬試験
 「単語力」「文法力」「テクニック」の足りない部分を復習
・今までに利用した公式問題集で復習
・毎日45分間は公式問題集でリスニング

前日(悪あがきはここまで)

前日は、ラストスパートと捉えてよいです。

なので、悪あがきをするなら、前日までにしましょう。

そして、絶対にしてほしいのは、当日に持っていくべきものを準備出来ているか確かめること。

「受験票」「筆記用具」「受験票用の写真」など忘れてはいけないものがたくさんあります。

その上で、注意すべきなのが「早く寝ること」

試験当日に眠くて集中できないなんてことになれば、600点から確実にとおのいてしまいます。

なので、前日にしっかり勉強をするのは大切ですが、それ以上に「早く寝て当日に備える方」が重要です。

前日にすべきことは、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ一度読んでください。

当日(悪あがきはしない)

試験当日に全員がすべきことは、「早起きをすること」です。

特に午前中に試験がある方は、絶対に早起きしてください。

そうすることによって、余裕をもって試験にのぞむことができます。

そして、当日は無理に勉強をする必要はありません。いわゆる、悪あがきはしないようにします。

試験の前の勉強で疲れてしまっては、本当に損です。

最高のコンディションで試験をうけることが、TOEIC 600点を取るために必須。

最高のコンディションを保つ秘訣は、こちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。

2か月間で600点を目指す方法(独学以外)

今回は独学のみの2ヶ月間で、TOEIC 600点を目指す方法を紹介しました。

しかし、独学だけでは挫折しそうという方もいるはず。

そんな方に向けて、おすすめのサービスがあります。

それが「KIRIHARA Online Academy」

「500点突破コース」「730点突破コース」の2コースのみ。利用可能期間は2ヶ月間だけ。

その期間で上記の目標点数を達成するために、担当講師がサポートをしてくれます。

KIRIHARA Online Academyの詳しい内容に関しては、こちらの記事で紹介しています。

「独学」+「KIRIHARA Online Academy」で確実にTOEIC 600点を目指したい方は読んでください。

父まぐろ
父まぐろ

独学に自信がないなら、

KIRIHARA Online Academyを使って、確実にTOEIC 600点を目指しましょう。

まとめ

今回は、400点の方が2か月間で600点を目指すことができるタイムスケジュールを考案・紹介しました。

自分でも厳しく作りましたので、300点の方でも600点を取ることができる可能性があります。

厳しすぎた反省しています。

もし2か月間英語漬けに慣れるのであれば、一度試してもらいたいタイムスケジュールです。

ですが、身体を壊して試験を受けられなかったということにならないように気を付けてください。

600点を取るためには、体調管理も非常に大切です。

2か月前

単語学習から開始(1日目~20日目まで)
・「銀のフレーズ」「金のフレーズ」を終わらせる
・「中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本」で文法学習
英単語・文法学習終了後(21日目~28日目)
・リスニング学習も本格始動
・「銀のフレーズ」「金のフレーズ」のリスニング
・「TOEIC Bridge公式ワークブック」で試験に慣れる

1か月前

・公式問題集で1回は模擬試験
 現在のスコアを知る
・「試験で使えるテクニック」を意識した学習
・公式問題集をひたすら解き続ける

1週間前

・公式問題集で2回目の模擬試験
 「単語力」「文法力」「テクニック」の足りない部分を復習
・今までに利用した公式問題集で復習
・毎日45分間は公式問題集でリスニング
この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを身をもって証明。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント