【初心者必見】TOEIC頻出!助動詞「will」について解説!

この記事は、こんな方向け

TOEIC初心者

助動詞が苦手な方

TOEIC 600点を取りたい方

父まぐろ学長
父まぐろ学長

今回もあなたの悩みにお答えします。

たかし
たかし

助動詞のwillやwouldについて教えてください。

父まぐろ学長
父まぐろ学長

承知しました。それでは、早速解説していきます。

大前提として、助動詞を使いこなせないと、TOEIC 600点は取れません。

なのに、助動詞でつまづいている方も多いです。

「can, will, may,…のニュアンスって知っている必要あるの?」と疑問をもっている方もいるでしょう。

はっきり言って、TOEICに限れば細かいニュアンスまで覚える必要はありません。

ですが、最低限の用法とその使い方を知っておく必要はあります。

なので、初心者でも分かるように、今回の記事では「will/would」に焦点を絞って紹介させていただきます。

今回の記事を読んでいただければ、TOEIC 600点を取れる「will/would」の使い方を知ることができます。

助動詞「 can/could/be able to」については別記事で解説済みですので、併せて勉強の参考にしてみてください。

詳細:TOEIC頻出!「助動詞・can」について解説!

まぐろ子
まぐろ子

willやwouldが苦手な方は、ぜひ読み進めてください。

今回の記事で苦手が解決します。

TOEIC学習スマホアプリの決定版!

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース。

初心者がゼロからTOEIC学習するのに一番おすすめ。

動画で英単語・文法・リスニング対策ができるので、隙間時間でもしっかり学習できます。

たったの3ステップで無料体験

助動詞とは

助動詞
1. can/could/be able to
2. will/would
3. shall/should/ought to
4. may/might
5. must/have to

「助動詞」は、その名前の通り「動詞の働きを助ける品詞」

基本的には、助動詞の後ろには「動詞の原形」が来るという原則があります。

表に示したものが、TOEICで出題される助動詞(一部、助動詞もどきを含む)です。

その中で、今回は「will/would」について解説します。

will

willの根幹には「必ず…する」という強い意志があります。

日本語では「…するつもり」「…だろう」と訳されるので、一見すると優柔不断な印象を受けてしまいます。

ですが、それは間違いです。

意志・可能性の強さは、助動詞「must(…しなければならない)」のつぎに強くなっております。

なので、本来は「(十中八九)…するつもりだ・だろう」と訳すのが正しいです。

そして、そこから派生して、「will」には「意思/決意・推量・習性/習慣・命令/依頼/提案」という用法に分かれています。

 

意思・決意

中学校英語でも紹介される「will」の最も有名な用法です。

「意思・決意」は「will」の根本的な用法であり、日本語として「…するつもり」と訳します。

例文をお示しします。

例文1

I willgo home. 「私は家に帰ります」

例文の様に、使い方自体は非常に単純です。

なので、重要なのは「will」がもつニュアンスを知ることでしょう。

主語になる人が、強い意志をもって「will」に続く動詞の内容を行うつもりであると表します。

 

推量

「推量」も「will」の有名な用法の一つです。

強い「意思・決意」を表すので、そこから派生し「十中八九…だろう」という強い「推量」を表します。

ただし、訳し方は難しく考える必要はなく、「…するだろう」と訳せば大丈夫です。

参考までに例文も示しておきます。

例文2

It willrain today. 「今日は雨が降ります」

例文自体はありきたりですが、この文章の根底には、これから起きる出来事に確信もっているニュアンスがあります。

つまり、天気予報であれば、降水確率が80-90%を示しているということです。

でもTOEICでは、そこまでのニュアンスについては問われることはありませんので、安心してください。

 

習性/習慣

「習性/習慣」というと、意思を表す「will」とは違うとい印象を受けるかもしれません。

ですが、もちろん関係性はあります。

強い意志があるということは、長く続けられる意思があるということです。

なので、「継続する意思がある」=「習慣」とつながります。

そこから、「…する習慣がある」というような意味を持ちます。

例文もお示しします。

例文3

The employees will go to the office every week.

「毎週、従業員たちは、そのオフィスに行きます(行く習慣があります)」

例文のように一見すると、「意思・決意」ともとれます。

ですが、毎週行く意思がある、つまり毎週行く習慣があるということにつながるのです。

なので、単発の出来事ではなく、「every week(毎週)」のような繰り返しの意味がある単語と一緒に「will」が使われるときは「習性・習慣」の用法になります。

 

命令/依頼/提案

「命令/依頼/提案」は主に、疑問形の「will you…?」で使われたときの用法になります。

「…してくれる意思はありますか?」という意思を確認しているというのが、隠れたニュアンスです。

なので「依頼/提案」だけでなく、「命令」というような強い意味合いを持ちます。

日本語としては「…してください」「…してくれませんか?」というように訳します。

例文をお示しします。

例文4

Will you lend me the book?

「私にその本を貸してくれませんか?(貸してくれる意思はあるの?)」

例文の訳を見ると「その本を貸してくれませんか」となります。

ですが、注目してほしいのは隠れニュアンスの「貸してくれる意思はあるの?」

このように書くとややきつい言い方に聞こえるのが分かります。

なので、基本的に人にお願いするときは、次に説明する「would you…?」の方が丁寧です。

父まぐろ学長
父まぐろ学長

ここまでが「will」について、次に「would」の説明をします。

would

「will」の過去形が「would」になります。

なので「would」には、まず「過去の意思・過去の習慣」という用法があります。

ですが、さらに「would」には別の用法があります。

それは「would」とすることで、「will」の「強い意思示す」というニュアンスを和らげる作用があるのです。

なぜならば、「would」には仮定法のニュアンスを持たせることができ、「…する意思があったらいいのになあ」と優しく表現できます。

それも踏まえて「would」には「過去の意思・過去の習慣・推量・丁寧な依頼・願望」という用法に分けられます。

「過去の意思・過去の習慣」の用法は「will」の過去形と考えればよいので、今回は省かせてください。

なので「推量・丁寧な依頼・願望」について解説します。

 

推量

「would」にも「will」同様に「推量」用法があります。

ただし、「will」との違いとして、「would」には仮定法のニュアンスがあると説明しました。

なので、「もしかすると…だろう」という、「will」よりも可能性の低い「推量」を表します。

予測度合いとして、降水確率であれば40-50%程度のイメージです。

これも例文をお示しします。

例文5

It would rain today.

「今日は雨がふるかもしれない」

例文2の「will」が「would」に変わっています。

例文2では「傘を絶対に持っていこう」となりますが、例文5では降水確率40-50%なので「傘を持っていくかどうか迷う」という状況でしょう。

このように、やや可能性が低めのことを言う場合には「would」が好まれます。

 

丁寧な依頼

「推量」用法から分かるように、「would」は起こり得る可能性が低いことを、仮定法のニュアンスを踏まえて表します。

なので、依頼自体も命令口調ではなく、「もしかして…してくれますか?」程度まで丁寧な印象を与えます。

もちろん、「丁寧な依頼」をするので「would you…?」の疑問形で用います。

例文をお示しします。

例文6

Would you take a picture of us?

「私たちの写真を撮っていただけますか?」

「will you…?」が「…してくれるの?」とややきつめであるのに比べ、「would you…?」は例文の様に丁寧なお願いになります。

なので、お願いされた方も、嫌な気持ちにならずに済むでしょう。

 

願望

「would」では弱めの意思を表すので「意思/決意」というよりは「願望」に近いです。

そして、通常は「would like to…(…したい)」「would love to…(ぜひ…したい)」の形で用いられます。

「would」単独だと、推測なのか願望なのかが分かりずらくなるからです。

例文を使って説明します。

例文7

I would like to drink a cup of coffee.

「私は、コーヒーを1杯飲みたいです。」

I would like a cup of coffee.

「私はコーヒーが欲しいです。」=「コーヒーを1杯ください。」

基本用法や例文7の一番上の用法で、「would like to 動詞の原形」として自分の願望を表します。

応用編として、「would like to」は「would like (名詞)」とすることができます。

「would like (名詞)」で「(名詞)が欲しい=(名詞)をください」という意味になります。

これは、お店などで注文する時に使えるフレーズです。

TOEICでもよく見かける用法ですので、しっかり覚えておきましょう。

父まぐろ学長
父まぐろ学長

ここまでが「would」の説明になります。

 

「can/could/be able to」の解説

「can/could/be able to」については、こちらの記事で解説しています。

 

「shall/should/ought to」の解説

「shall/should/ought to」については、こちらの記事で解説しています。

 

「may/might」の解説

「may/might」については、こちらの記事で解説しています。

「must/have to」の解説

「must/have to」については、こちらの記事で解説しています。

 

まとめ

今回は、助動詞の「will/would」について解説しました。

最後に、「will/would」の主な用法をまとめておきますので、あなたの学習の参考にしてください。

will
1. 意思/決意
2. 推量
3. 習性/習慣
4. 命令/依頼/提案
would
1. 過去の意思
2. 過去の習慣
3. 推量
4. 丁寧な依頼
5. 願望
この記事の作者はこんな人
父まぐろ学長

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント