【TOEIC初心者必見】たった5分でやる気を上げる方法を解説!

父まぐろ
父まぐろ

このブログをお選びいただきありがとうございます。

今回の記事では書籍要約をさせていただきます。

この記事は、こんな方むけ

TOEIC初心者

やる気がでないで勉強が続かない方

英語をやる気になったけど、すぐにやる気がなくなってしまう。

やる気を続けることが難しい。

やる気を出す方法があるなら教えて欲しい。

そいう声をよく聞きます。

その悩みに終止符を打つ本を見つけました。

それが「たった5分で英語のやる気を上げる66の方法

著者はスタディサプリ人気講師である「関正生」先生。

非常にうれしいことに、知っているだけで「簡単にやる気がでる方法を66個」も紹介してくれています。

TOEIC920点を取得した私も感涙する内容ばかりでした。

この方法をもっと早く知っていれば、スコアアップが簡単にできたと感じました。

今回は66個の中から厳選した7つの方法を紹介します。

この記事を読むことで、あなたも勉強を挫折することなくできるようになるのでスコアアップ間違いなしです。

著者紹介

著者は英語教育界の革命児「関正生」先生

これまで出講した予備校では、250人教室で満席・立ち見講座、200人講座で1日6講座の全満席記録を持ち、朝6時からの整理券配布に行列ができるほどの人気講師として活躍。大学受験英語に留まらず、英会話やTOEIC®Testなどの著書も多数(合計70冊以上)。スタディサプリでは主に英文法の講座を担当。暗記だけに頼らない、英語の本質を理解する力を伝授する。

スタディサプリ講師紹介ホームページより引用

こちらが実際の講義の様子。ワクワク、分かりやすい講義内容で有名です。

父まぐろ
父まぐろ

スタディサプリの人気講師です。

学習参考書だけでも数多く出版されています。

学習参考書

  • 『大学入試問題集 関正生の英文法ポラリス [3レベル]』 (KADOKAWA)
  • 『大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス [3レベル]』 (KADOKAWA)
  • 『大学入試 関正生の英語長文プラチナルール』 (KADOKAWA)
  • 『カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業』 (KADOKAWA)
  • 『英単語Stock [3000語レベル/4500語レベル] 』 (文英堂)
  • 『東大英語の核心』 (研究社)
  • 『サバイバル英文読解-最短で読める!21のルール』 (NHK出版新書)
  • 『TEAP攻略問題集』 (教学社)
  • 『世界一わかりやすい TOEICテストの英単語』 (KADOKAWA)

たった5分で英語のやる気を上げる66の方法

目次
Chapter 1.英語と自分の関係を俯瞰で見てみよう
Chapter 2. 勉強するモチベーションを高める15の方法
Chapter 3. 必ず続けられるちょっとした勉強法
Chapter 4. 絶対に飽きない自分を”のせる”勉強法
Chapter 5. アクションを起こして英語力をつける
Chapter 6. 英語ができる人!と思わせる10の方法
Chapter 7. その場をスマートに切り抜ける5つの方法

学習継続するためのポイント7つ

ポイント7つ
1. 英語でやってみたいことを明確にする
2. 自分に必要な英語の技能を絞る
3. 自分でゴールを設定する
4. 例外は無視する
5. 自分に合った例文が載った本を書う
6. 勉強する自分を徹底的に甘やかす
7. 英語に壁があることを知っておく

英語でやってみたいことを明確にする

英語を身につけるに理由を明確にする。

なぜ英語を勉強をするのか理由を分からず、なんとなく勉強をしたとしても継続できないことが多い。

そのため英語のモチベーションを保つためには具体的に目標を立てる必要があるです。

例えば「TOEICで高得点をとる」などでもよいでしょう。

さらに詳しい目標として「海外で仕事をする権利を獲得するため」など具体的にすると効果的です!

でも、目標のカッコ良さにこだわる必要はありません。

著者の関さんからすれば「俗っぽい目標の方が、頑張れる人が多い」とのこと。

やはり「女の子にモテるために慶応大学に行きたい」「医者になってお金を稼ぎたい」など、欲望に素直な方が勉強を続けられますよね。

ポイント

英語でやってみたいことが浮かばない時は「欲望」に素直になろう!

自分に必要な英語の技能を絞る

結論からいうと英語の4技能である「読む・聞く・書く・話す」であるを、まんべんなく伸ばす必要はないし不可能!

「バランスよく勉強しましょう」というのは、実はむずかしいです。

通訳さんは「聞く・話す」のプロフェッショナルですけど、必ずしも「読む・書く」のプロフェッショナルではないのです。

通訳さんだとしてもTOEIC満点とは限りません。

そして、「TOEICリスニングパート満点」とプロフィールに書いている方もいて「TOEICリーディング」で高得点を取れていない方もいます。

ですので、自分の目指すものをイメージして、それに合う勉強法を選ぶ必要があります。

つまり、TOEICで高得点を取りたいなら、それに適した勉強が一番効率がいいです。

例えば、TOEICの勉強ならいろいろ手を出さずに公式問題集にしぼるのも一つの方法です。

このように、まずは必要な技能に焦点を当てて勉強をしてみましょう。

ポイント

自分に必要な英語の技能に絞る

「バランスよく勉強しよう」という固定観念から脱出しよう

自分でゴールを設定する

語学の勉強には終わりがありません。

でも、終わりがないからこそ「自分で終わりを設定する」必要があるんです。

本書の中では「まずは1か月後の目標を立てよう」としていますが、さらに大切なのは自分で達成可能なゴールを設定すること。

そして、特に注意してほしいことがあります。

頑張ったからといって、達成できるかどうか不明なものを目標にしてはいけません。

「1日5分英語を聞く」など自分で行動することで、必ず達成できるものにするのが一番のポイント。

その目標を達成していくことで、日々のモチベーションアップにつながります。

ポイント

自分の力で達成可能なちいさな目標をたてましょう!

例外は無視する

例外を強調する英語の先生や参考書は、英語の勉強をしようとする人のやる気をそぐのに直結します。

英語を勉強するときは原則をまず覚えましょう!

例外を知らなくて困った時に例外を覚えればよいし、困った時の方が頭にスッと入るもの。

なので、勉強をするときは「枝ではなく本幹」に注目しましょう。

ポイント

英語の例外ばかりに注目しすぎるのはNG!

メインのものを覚えられればO.K.

自分に合った例文が載った本を書う

著者は、英語の勉強がつまらなく理由の一つとして「英文がつまらないから」だと強調しています!

なので、例文が自分に合っている本を探した方がいいと紹介してくれています。

例えば、テニスが好きならテニス関連の例文が多く載っている本を選ぶようにしましょう。

ですが自分に合っている例文が多く載っている本が必ずしもあるわけではない

なかでも「興味が持てるような例文を載せている本」「読者を楽しませてくれるような気持が伝わっている本」を選ぶようにしてください。

ポイント

英語の本を探す際には「自分にあう」「おもしろさを感じる」かを大切にしましょう!

まぐろ子
まぐろ子

ちなみに、おすすめTOEIC参考書も紹介しておきます。

勉強する自分を徹底的に甘やかす

多くの人は「くつろいでいる時は徹底的に快適にする」のに「勉強の時はやたらと辛い状況に自分を追い込む」傾向があります。

これでは「勉強=拷問」になってしまうので、続けられるものも続けられなくなってしまいます。

なので「勉強するときが一番快適」になるようにするのが大切。

少しでも勉強したのであれば、「今日もやった」という自信を持つようにしましょう。

「三日坊主」だって「三日間勉強した」という事実であり頑張った証拠であり、それで十分「自分をほめる理由」になります。

まずは、小さな達成感を重要視しましょう。

ポイント

英語の勉強環境を快適にすることが重要

勉強を続けるには「今日もやった」という自惚れが必要

英語に壁があることを知っておく

大前提として「英語勉強は必ず壁があり、順調に伸び続けることはありません」

「壁は何度も立はだかる」という事実を知っているだけで、挫折しにくくなります。

例えば「10回告白して撃沈したとしても、続けさえすればうまくいくという未来」があれば誰でも頑張れるはずです。

英語を勉強する上で何度も壁が立ちはだかります。

でも、続けさえすれば必ず英語力がアップするのです。

英語を教えるプロフェッショナルの方々も、このように感じているようです。

例えば、大学受験などのテストは2月に多いですが、多くの合格した生徒によると「実際に力がついてきたと感じたのは直前の1月になってから」

このように英語力をつけるためには、継続が大切なのは間違いありません。

ポイント

継続は力なり!

まとめ

今回は「たった5分で英語のやる気を上げる66の方法」について解説させていただきました。

残りの59の方法に関しても非常に参考になる内容ですので、ご興味がある方はご自身でも読んでみてください。

さいごにまとめさせていただきます。

厳選! 英語学習を継続する7つのポイント
1.英語でやってみたいことを明確にする
2. 自分に必要な英語の技能を絞る
3. 自分でゴールを設定する
4. 例外は無視する
5. 自分に合った例文が載った本を書う
6. 勉強する自分を徹底的に甘やかす
7. 英語に壁があることを知っておく
この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント