【英語上達のコツ】TOEIC攻略にもつながる!TOEIC900点越え経験者が教えるライティング勉強法。

今回の記事は、このような方におすすめです!

英語力を上げたい方

ライティングの勉強法に悩んでいる方

TOEICで高得点を取りたい方!!

父まぐろ
父まぐろ

今回は英語ライティング勉強法について、私も実践した勉強法も踏まて紹介します。

私は今までにTOEICの勉強法「TOEICリスニング勉強法」「TOEICリーディング勉強法」について記事を書いてきました。

TOEICではリスニングとリーディングの力が問われるため、基本的にはその二つの力を鍛えればよいです。

ですが、日常で使える英語力を伸ばすためには「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」の4技能を伸ばす必要があります。

「スピーキング」「ライティング」の勉強は直接TOEIC試験には関係はしませんが、この二つの力を鍛えることで結果的にTOEICで高得点を取れるようになります。

この2つの力は自分から英語をアウトプットする行為なので一定以上の英語力がないと難しいです。

これらを鍛えることで英語を確実に自分のものにできるようになっていきます!

実際に私もライティングの勉強をしたことで、一段階英語力がアップしTOEICで920点を取ることが出来ました。今回は、私も実践した勉強法をお伝えしますので見逃し注意な内容になってます。

この記事を読むことでライティングを鍛える方法が分かり、結果的にTOEICでも高得点を取れるようになりはずです。

それでは早速紹介させていただきます。

TOEIC攻略にも有効!ライティング勉強法!

ライティング勉強の手順
1.英語の文章を書き写す
2.1行の英語文を書く
3.英作文を作ってみる
4.毎日英文を書く

英語の文章を書き写す

ライティング勉強をする上で一番最初にするべきことは英語の文章を書き写すこと。

その理由として、自分で英語の文章を一から書くのは慣れないと難しく、ただでさえハードルの高いライティングの勉強を始められない方が多いからです。

なので、英語の文章を書き写すことからライティングの勉強をすることで、勉強のハードルを下げることが出来ます。この時のポイントとして「簡単な英文から書き写す」ことをおすすめします。

例えば「I have a pen」などの簡単な文章でも良いです。ただし、書いた文章の内容や意味、単語は理解しておきましょう。

100文程度書き写すことができれば、英語を書くのに慣れているはずです。

英語の文章を書くのに慣れてきたら、次のステップに移っていきましょう。

チェックポイント

英語の文章を書くのに慣れることから始める

意味を理解しながら英語を書き写そう

1行の英語文を書く

英語の文章を書くのに慣れてきたら、次は自分で英語の文章を考えて書くステップ。

この時も最初から難しい文章を書く必要はありません。思いついた内容を簡単に書くだけで十分です。

ここで意識してほしいのは「ライティングはスピーキングとは違い文法や単語は正確に書いてほしい」ということ。

「スピーキング」は文法が間違っていてもある程度通じるのと違い、「ライティングは文法や単語が間違っていると誤解を与える可能性がある」からです。

ですが、難しい英語文を書く必要はありません!!!

「ライティングは正確さが大切」と言いましたが、自分の意図が伝われば十分です。

例えば「彼はアメリカ留学中」などであれば「He is studying in America」で問題ないです。

難しい言葉は使わずに中学生レベルの英語でよいので書き続けましょう。自分で考えて100文ほど書いているうちに慣れてくるはずです。

自分で英語を書けるようになったら、次のステップへ行きましょう!

チェックポイント

一行の英語文でO.K.

スピーキングと違い、ライティングは文法や単語の正確さ重視!

英作文を作ってみる

ここまで来たらほぼ最終ステップ。

英作文を作るといっても難しく考えず、前のステップで練習した1行の英語文をつなげていくイメージです。

自分で英語文を書けるようになっていれば難しくありませんが、ここで課題になってくるのが英作文の内容・話題探しです。

日記を英語で書いたりすると良いと思いますが、すぐにネタ切れになる可能性があります。

それとこのステップまで来たら、徐々に難しい内容に挑戦してほしいです。自分で思いつくような簡単な内容の英作文ではなく、調べながらでないと書けないような英作文にチャレンジしていくことで、さらに英語力がアップしていきます。

ここまでのステップは我流でも十分できますが、ライティング勉強に役立つサービスがありますので後ほど紹介させていただきます。

チェックポイント

一行英語文をつなげて英作文を作る。

少しずつ難し英作文にチャレンジしていく!

毎日英文を書く

ここが最重要です。

英語力をアップさせる一番のポイントは継続をすることです。

毎日、数分だけでも、1行だけでもいいので英語文を書くようにしましょう。

継続したらしただけ英語力がアップするといっても過言ではありません!!!

ここで「モチベーション維持が難しいと」あきらめかけている方には朗報です。

以前にモチベーション維持に有効な方法について解説した記事を書いていますので、参考にしてみてください。

英語のモチベーションアップ・維持する方法

チェックポイント

毎日5分だけでいいので英語文を書き続ける!

父まぐろ
父まぐろ

先ほどライティング勉強に役立つサービスがあると書きましたが、それが「フルーツフルイングリッシュ」

フルーツフルイングリッシュ

フルーツフルイングリッシュとは

オンライン英作文添削サービスで、自分の書いた英作文をネイティブ講師やプロの日本人講師が丁寧に添削、解説してくれます。

フルイングリッシュのおすすめなところ

・添削実績56万件以上
・日本e-learning「英語ライティング部門賞」受賞
・サービスの有効期限なし
・クオリティの高い添削(値段とのバランスが最高)

・メルマガ登録で、TOEIC/リスニング対応/書き込み式の英語問題が毎日6問届く
・2000以上ある豊富な課題から、自分にあった課題を選択できる
・送料550円のみで冠詞と英語の基礎が学べる書籍をプレゼント

・オンラインだけど、フォローアップ体制抜群、オンラインコミュニティ、ブログも充実

おすすめなところはたくさんありますが、特におすすめなポイントは2000以上の課題があるので自分のレベルにあったものを選べるところです。

一行英語文もありますので、フルーツフルイングリッシュを使うことでライティング勉強のネタ切れの心配を無くしてくれます。

もちろんデメリットはあります。それは、やはり値段。

英作文チケットを買って課題を解くごとにチケットを消費していく方式になっています。

おすすめなのは、英作文チケット20枚で11,000円なのですが、それでもチケット1枚550円。

チケットを複数枚必要とする課題もあるので、課題によっては高いと感じることもあります。

なので、始めるかどうか悩む方も多いですが安心してください。

購入前に無料で2回お試し添削が利用できます!

こちらから2回分の添削チケットを無料でゲットできます。添削してくれる先生方は非常に丁寧で優しいので、無料で試してみて自分にあうようでしたら本格的に登録してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こんな方にフルイングリッシュがおすすめ

  • ライティング勉強の初心者
  • 忙しいけど隙間時間でライティングの勉強をしたい方
  • ライティングを実際に添削してもらいたい方

豊富な課題がありますので、初心者でもとっかかりやすい。

数分だけ時間があれば書けるような課題から、しっかりとりかかれる課題まで多数取りそろえてくれています。

なので初心者や時間がない忙しいかたも満足できること間違いなし!

ライティングの添削は日本人やネイティブスピーカーのどちらかが選べるので、細かく日本語で添削してほしい人もネイティブの英語に触れたい人にもうれしい。

実際に添削をしてコメントを多数つけてくれるので、我流で英作文をつくるよりも正確な英作文を書くことができるようになります。我流よりも英語力がアップするのは間違いないです!

試してみたいと思った方!申し込むなら、こちらからどうぞ!

まとめ

今回は、英語のライティング勉強法について解説・紹介させていただきました。

ライティング勉強の手順
1.英語の文章を書き写す
2.1行の英語文を書く
3.英作文を作ってみる
4.毎日英文を書く
自分だけでライティングを勉強できるか不安な方
「フルーツフルイングリッシュ」を試してみてください。優しい先生方が丁寧に添削してくれます。
父まぐろ
父まぐろ

ライティング力を鍛えて英語力アップさせまちゃいましょう!

おすすめのフルーツフルイングリッシュでは今なら2回分の英文添削と学習アドバイスが2回文無料になるサービス中。

ライティングの基礎を味わうには良い機会なので、この機会を見逃さないように注意してください!

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時のTOEIC点数は400点以下で絶望するも、様々な参考書や勉強法を試すことにより920点を取得。TOEICで高得点を取得後は人生逆転。

TOEIC受験歴も多数あり、その経験を生かしてTOEIC攻略のコツを解説するためブログを開設。

コメント