【初心者必見】TOEICで差がつく「関係副詞」について解説します!

この記事は、こんな方向け

TOEIC初心者

英文法勉強中の方

関係副詞について知りたい方

父まぐろ学長
父まぐろ学長

今回もあなたの疑問にお答えします。

たかし
たかし

それなら「関係副詞」について教えてください。

昔から苦手なんです…

父まぐろ学長
父まぐろ学長

承知しました。

関係副詞は普通に難しいですよね。

なので、初心者でも分かりやすいように解説します。

「関係副詞」とは一言でいうと「when、where、why、how」の用法の一つです。

何となくで理解していると、つまづきやすいポイントでもあります。

なので、あなたも苦労した経験があるのではないでしょうか?

捨て問にしている方もいるでしょう…

でも、関係副詞は試験で絶対に出題されるので、それは非常にもったいないです。

一度覚えてしまえば、得点源にかわること間違いありません。

今回もあなたのために、「関係副詞」について解説をさせていただきました。

この記事を読んでいただければ、「関係副詞」を確実に理解できるでしょう。

基礎をおろそかにしては、絶対にTOEIC 600点は取れませんので、失敗できないという方はこの記事を参考にしてみてください。

まぐろ子
まぐろ子

英語の基礎について解説していますので、勉強の最初の一歩として読み進めてください。

TOEIC学習スマホアプリの決定版!

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース。

初心者がゼロからTOEIC学習するのに一番おすすめ。

動画で英単語・文法・リスニング対策ができるので、隙間時間でもしっかり学習できます。

たったの3ステップで無料体験

関係代名詞はこちら

関係代名詞には「who、which、whom、whose」があります。

関係副詞の基礎となる部分ですので、関係副詞の理解を深めるためには知っておく必要があります。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

 

関係副詞

関係副詞
1. when
2. where
3. why
4. how

関係副詞も関係代名詞と同じように、先行詞の後に置き、先行詞の内容を説明しつつ2つの文章を結びつける作用があります。

ただし、関係副詞は関係代名詞との違いは、それぞれ先行詞が限定される点です。

そして「when、where、why、how」の4つが、関係副詞になります。

関係副詞 先行詞の種類  先行詞の省略名詞節の用法
when時間を表す単語ありあり
where場所を表す単語ありあり
whyreasonありあり
howway基本的に省略。
もしくは先行詞「way」を省略 
あり
父まぐろ学長
父まぐろ学長

それでは、関係副詞について解説をしていきます。 

 

when

「when」は時間に関係する先行詞を必要とします。

2つの文章をつなぐ考え方自体は、関係代名詞と同じです。

ただし、関係代名詞との違いとして、名前の通り「関係副詞」には副詞の働きがあります。

どういうことかというと、「関係副詞」=「前置詞+which」という働きがあるということです。

これに関しては、例文をみながら説明します。

例文1

April is the season when cherry blossoms bloom.

「4月は桜が咲く季節です」

例文1では時間を表す先行詞「the season」に「when」をつなげることで、「the season」の内容を説明・修飾しています。

そして、「when」=「in which」とも書き換え可能であり、関係副詞の使い方を見ることで理解できます。

  • April is the season. Cherry blossoms bloom in April.
  • April is the season. Cherry blossoms bloom 〇.(← 時を表す「in April」を省略)
  • April is the season when cherry blossoms bloom.(← the season=in Aprilであり、the seasonをwhenで修飾し文章を1つにする)

まず、例文1は「April is the season. 」「Cherry blossoms bloom in April.」の2つの文章が結びついたものです。

2つをつなげるため、先行詞「the seaon」と同じ意味合いがある「in April」を後半の文章から省略します。

この際に「in April」は副詞句であり、「in April」=「then(副詞)その時」と同じ意味です。

なので、副詞句「in April」を関係副詞「when」で受けて、先行詞「the season」の後に「when」を置きます。

こうすることで、「April is the season when cherry blossoms bloom.」という文章ができます。

関係代名詞が名詞だけを受けていたのと違い、関係副詞が「in April」のように前置詞を含む副詞句を受けられるため副詞の働きがあります。

関係副詞が副詞の働きを持つのは、「when、why、how」にも共通するので覚えておきましょう。

また、時間に関係する単語(先行詞)について紹介しますので、参考にしてみてください。。

時間に関係する単語

date(日付)、day(日)、week(週)、month(月)、season(季節)、time(時間)など

 

whenの応用

「when」は「時間に関係する前置詞+which」と書き換え可能と説明しました。

ですが、下記の様に「先行詞+which+…+時間に関係する前置詞」とも表現できますので、覚えておきましょう。

例文2

April is the season when cherry blossoms bloom.

→ April is the season in which cherry blossoms bloom.

→ April is the season which(that) cherry blossoms bloom in.

→ April is the season cherry blossoms bloom.

例文2は全て同じ意味の文章です。

注目ポイントは、前置詞を伴わない「which」は「that」に置換できる点です。

TOEIC試験では、2つの文章をつなぐ際に「関係副詞」「前置詞+which」「which+…+前置詞」のどれが適切か問われます。

つまり、選択肢の前に前置詞があった場合、関係詞「that」は選べません。

なので、この点は意外と大切です。

また、関係副詞「when」の働きとして、名詞節になることができます。

「when」には先行詞を伴わず「…の時」という名詞節になります

Morning is when I usually eat breakfast.

「朝は、いつも私が朝食を取る時間だ」

 

where

「where」は場所に関係する先行詞とし、先行詞の後ろから「when節」で修飾します。

ちなみに、場所に関係する単語を紹介しておきます。

場所に関係する単語

city(都市)、house(家)、library(図書館)、mountain(山)、river(川)、school(学校)など

例文をお示しします。

例文3

That is the city where there are a lot of parks.

「あれは、公園がたくさんある都市です」

関係副詞を使った文章のつなげ方は、先ほどの「when」とも同じように考えます。

ちなみに、関係副詞「where」=「in the park(副詞句)」=「there(副詞)そこで」です。

それも踏まえて、例文3の作り方も紹介しておきます。

  • That is the city. There are a lot of parks in the city.
  • That is the city. There are a lot of parks 〇.(← 場所を表す「in the city」を省略)
  • That is the city where there are a lot of parks.(← the cityは共通であり、whenで修飾し文章を1つにする)

 

whereの応用

「where」も「in which」のように、「場所に関係する前置詞+which」と書き換え可能です。

もちろん「先行詞+which+…+場所に関係する前置詞」とも表現できます。

例文4

That is the city where there are a lot of parks.

→ That is the city in which there are a lot of parks.

→ That is the city which(that) there are a lot of parks in.

→ That is the city there are a lot of parks.

例文4は全て同じ意味の文章ですが、最後の文章だけは「which」を「that」に置換できる点が大きな違いです。

TOEICでは「関係副詞」「前置詞+which」「which+…+前置詞」のどれが適切か問われますので、覚えておきましょう。

また、「where」も「when」同様、名詞節になることができます。

「where」には先行詞を伴わず「…の場所」という名詞節になります

This is where I lived two years ago.

「ここは、2年前に住んでいた場所だ」

 

why

「why」は「reason」を先行詞とし、先行詞の後ろから「why節」で修飾します。

他の関係副詞と違い、先行詞は「reason」一択です。

例文をお示しします。

例文5

That is the reason why I study English.

「これが、私が英語を勉強する理由です」

「why」節が「the reason」を修飾し、「the reason」の内容を説明しています。

関係副詞は2つの文章をつなげる働きがあるので、どんな文章が繋がっているのかをみていきましょう。

  • That is the reason. I study English for the reason.
  • That is the reason. I study English 〇.(← 理由を表す「for the reason」を省略)
  • That is the reason why I study English.(←前の文章のthe reasonを、whyで修飾し文章を1つにする)

上記の様に「That is the reason.」「I study English for the reason.」の2つの文章がもとになっています。

そして、「for the reason」=「why」となっていることが分かるでしょう。

つまり、「why」は「for which」で置き換えられます。

 

whyの応用

「why」の応用について紹介します。

「why」は「for which」で置き換えられると説明しましたが、他の関係副詞とは違い「先行詞+which+…+for」とはしません。

文法的には可能かもしれませんが、TOEICでもお目にかかる機会はないので安心してください。

例文をお示しします。

例文6

That is the reason. I study English for the reason.

→ That is the reason why I study English.

→ That is the reason for which I study English.

→ That is the reason I study English.

例文の様に「why」が省略されることはよくありますので、覚えておきましょう。

他の関係副詞と同様に、「why」も名詞節になることができます。

「why」には先行詞を伴わず「…の理由だ」という名詞節になります

That is why I go to the university.

「それが、私が大学に行く理由だ(そういうわけで、私は大学に行く)」

 

how

「how」の先行詞として「way」がありますが、注意点があります。

それは「how」ないしは「way」のどちらかを必ず省略するということです。

つまり「the way how…」のような形はとりませんので、先行詞不要の関係副詞と考えてもよいです。

そして、「…の方法」と訳しますので、ある意味ではすでに名詞節的な作用があります。

それでは、例文をお示しします。

例文7

That is how I became the president of this company.

=That is the way I became the president of this company.

「これが、私が会社の社長になった方法です」

このように、「how」は、「先行詞なし+howあり」か「先行詞あり+howなし」とします。

なので、関係副詞での文章の作り方も少し違って、下記の様になります。

  • That is the way. I became the president of this company in the way.
  • That is the way. I became the president of this company 〇.(← 先行詞と同じ「in the way」を省略)
  • That is how(the way) I became the president of this company.(← 先行詞「the way」は「how」へ置き換える。「the way」を残すなら「how」を消す)
父まぐろ学長
父まぐろ学長

ここまでが、関係副詞についてです。

「how」は先行詞がなくて普通なので気を付けましょう。

 

まとめ

今回は「関係副詞」について解説しました。

関係副詞には「when、where、why、how」があります。

そして、特に覚えておきたいのは、こちらの表です。

関係副詞 先行詞の種類  先行詞の省略名詞節の用法
when時間を表す単語ありあり
where場所を表す単語ありあり
whyreasonありあり
howway基本的に省略。
もしくは先行詞「way」を省略 
あり
父まぐろ学長
父まぐろ学長

いかがだったでしょうか?

分からなくなったら、何度も見直して文法力をアップさせていきましょう。

記事を読んだけどもっと知りたいという人は、「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」を使ってみてください。

動画つきで「関係副詞」の講義が受けられ、さらに初心者向きです。

TOEIC学習スマホアプリの決定版!

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース。

初心者がゼロからTOEIC学習するのに一番おすすめ。

動画で英単語・文法・リスニング対策ができるので、隙間時間でもしっかり学習できます。

たったの3ステップで無料体験

この記事の作者はこんな人
父まぐろ学長

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント