【TOEIC初心者向け】Part2対策!点数アップにつながるテクニック。

この記事は、こんな方におすすめ

TOEIC初心者

TOEICリスニングが苦手な方

TOEIC Part2の対策をしたい方

「TOEICリスニング苦手だなぁ」

「特にPart2が苦手・・・」

「どんどん問題が過ぎていって、全然答えられない」

こんな風に感じる方って多いのではないでしょうか?

Part2はPar1とは毛色が全く違い、視覚的なヒントが全くありません。

Part3やPar4であれば文脈から答えを予想することもできますが、Part2では1文の問題が放送されるだけのため答えを予想することは困難です。

そのため問題文を聞き逃してしまうと、勘で答えるしかなくなってしまいます。

そしてTOEICが新形式になってからは、さらに難易度が上がっています。

なので、特に初心者のうちはPart2が苦手という方が非常に多いです。

でも安心してください。

いくつかのテクニックを知ることで、Part2でも比較的簡単に点数アップすることができます。

ですので、今回はTOEIC Part2にしぼって解説をさせていただきます。

紹介するポイントを押さえるだけで、Part2全問正解も夢じゃありません。

それでは早速紹介させていただきます。

初心者サポート「TOEICテスト対策におすすめの神アプリ」

TOEIC初心者にとって自分一人で勉強するのは不安があるはずです。

スタディサプリEnglishならTOEIC対策コースが月あたり2,728円(税込)から受講可能です。今なら7日間の無料体験がつかえますので、一人での学習に不安がある方はぜひ参考にしてみてください。

私も一押しの関先生の講義が聞けるのはスタディサプリENGLISHだけ!

Part2(パート2)について

Part 2の概要

Part2の所要時間は約10分弱程度。

問題形式は応答問題です。

新しくなったTOEICではPart2の問題数は30問から25問へ変更になっています。

問題数は減っておりますが、その代わりに難易度が上がっており初心者泣かせのPart2ともいわれます。

Part 2の問題

こちらはPart2の説明文です。

Directions : You will hear a question or statement and three responses spoken in English. They will not be printed in your test book and will be spoken only one time. Select the best response to the question or statement and mark the letter (A), (B), or (C) on your answer sheet.

つまり、問題が1つ放送される毎に(A)(B)(C)から、最も返答として適切なものを選ぶ形式になっています。

1つ例題を挙げます。

(設問)

Where is the new fax machine ? (新しいファックスの機械はどこ?)

(回答)

A. Next to the water fountain. (冷水器の隣です。)

B. I”ll send a fax. (私がファックスを送ります。)

C. By wednesday. (水曜日までです。)

このように設問が一つ放送される毎に、(A)(B)(C)から答えを選んでいきます。答案にはもちろん設問も回答も記載はありません。

この形式で、WH疑問文、Yes/No疑問文、否定疑問文、付加疑問文、選択疑問文、平叙文の合計25問が出題されます。

Part2の問題形式別解説

WH疑問文

Yes/No疑問文

平叙文(疑問文以外の普通の文)

否定疑問文、付加疑問文、選択疑問文

つづいて、WH疑問文、Yes/No疑問文、否定疑問文、付加疑問文、選択疑問文、平叙文について解説していきます。

WH疑問文

Part 2の中で最も良く出てくる問題で、25問中に10~12問出題されます。

What(なに)、When(いつ)、Which(どれ)、Where(どこ)、Who(だれ)、Whose(だれの)、Why(なぜ)、How(どのように)で始まる疑問文。

HowはHow often(どのくらいの頻度で)、How long(どのくらいの長さで)、How much(どのくらいの量・程度で)、How soon(どのくらい早く)などと他の単語と組み合わされることがりますので注意が必要です。

WH疑問文の文頭の単語に対して答える内容が正解になりますので、文頭が聞き取れれば比較的簡単に答えることができます。

Yes/No疑問文

Part 2の25問中5~7問出題されます。

YesかNoで答える形の疑問文。

例えば、Do you~、Is it~などの疑問文で出題され、基本的な答えはYes, ~やNo, ~などの形が答えになります。

しかし、YesやNoを使わない答え方が正解になることもあり、その場合は解答が難しい傾向にあります。

平叙文

平叙文とは「疑問文ではない普通の文」のこと。

肯定文と否定文の2種類があり、Part2の25問中2~3問出題されます。

平叙文の内容は、説明や提案、意見など多岐にわたるので、問題を聞いた時点で答えを予想しにくいです。

問題と整合性がとれている回答が正解になるため、回答(A)(B)(C)をじっくり聞く必要があります。

問題数は多くありませんので、わからなければスキップしても良い問題です。

否定疑問文、付加疑問文、選択疑問文

否定疑問文はYes/No疑問文の文頭を非定型にした疑問文。

例えば、Don’t you~、Isn’t it~などの形で出題されます。

答える際のYesやNoは普通のYes/No疑問文への答え方と同じ意味になりますので大丈夫。

これは間違えやすいので、一つ例題を紹介させていただきます。

問題:Isn’t Ken in his office?(Kenは仕事場にいないのですか?)

答え方:

Yes, he is(in his office). (彼は(仕事場に)いるよ)

No, he isn’t(in his office). (彼は(仕事場に)いないよ)

難しく考える必要はなく、肯定するときは「Yes」、 否定するときは「No」です。それでも、わからなくなった時には、Yes/Noの後ろに続く分に注目します。

「Yes, he is.」のようにYesの後ろが肯定的な内容であれば、肯定的な内容の回答をしているとわかります。

付加疑問文は、平叙文の文末にdon’t you?、do you?などの疑問文の文頭が付加(付け加えれた)された疑問文。

付加疑問文は「~ですね」という意味であり、付加された文章の内容を確認するときに使われます。

答え方は、普通のYes/No疑問文と同じような答え方で問題ありません。

問題:

A.You have a pen, don’t you?(あなたはペンをもっていますよね?)

B.You don’t have a pen, do you?(あなたはペンをもっていないですよね?)

答え方:上記のAとBの問題に対して、答え方は同じになります。Yesであれば「持っている」、Noであれば「持っていない」という意味になります。

Yes, I do. (私はペンを持っているよ)

No, I don’t. (私はペンを持っていないよ)

この時も肯定なのか否定なのか迷ったときには、Yes,~、No,~の後ろの部分に注目しましょう。

選択疑問文は「Aですか、それともBですか」など選択肢を挙げられながら問われる疑問文。

例を挙げますが、下記のような問題が出題されます。

問題:

Would you like a cup of coffee or a glass of water?

(コーヒーとお水のどちらがよろしいでしょうか?)

答え方:基本的には問われたもののうち、下記の様にどちらかを選択する形で答えます。

I’d like a cup of coffee(a glass of water).

【TOEIC点数アップ】Part2のコツ・テクニック

【TOEIC点数アップ】Part2のコツ・テクニック
1.Directionでウォーミング アップ・気持ちの切り替え
2.WH疑問文は1語目に注目
3.似た音の語句に飛びつかない
4.直接的・間接的な回答があることを知る

Directionでウォーミングアップ・気持ちの切り替え

リスニングではPartの最初にDirection(説明文)が放送されます。

初心者のうちはPart1でうまくいかなかったと気持ちを引きずってしまったり、なんとなく時間を過ごしてしまいがちです。

ですが、それでは非常にもったいないです。

この時は気持ちを切り替える良いタイミングになります。

Part2に備えるためDirectionを聞きながら、耳のウォーミングアップをしていきましょう。

ポイント

PartのDirectionは気持ちを切り替えるチャンス

WH疑問文は1語目に注目

問題形式別の解説でも説明した通り、What(なに)、When(いつ)、Which(どれ)、Where(どこ)、Who(だれ)、Whose(だれの)、Why(なぜ)、How(どのように)で始まるのがWH疑問文です。

WH疑問文の文頭の単語に対して答える内容が正解になりますので、文頭が聞き取れれば比較的簡単に答えることができます。

WH疑問文で確実に正解するためには、普段からWH疑問文の音に慣れておく必要があります。

そして、文頭の単語を聞いた瞬間に意味が頭に浮かぶようになれば確実に回答できます。

ポイント

WH疑問文は1語目に注目

普段からWH疑問文の音に慣れておく

似た音の語句に飛びつかない

Part2では問題で出題された語句と同じ・似た音の語句が選択肢に入っていることがあります。

初心者のうちは、音が似ている語句がある選択肢を選びがちですが要注意です。

基本的に、その選択肢は不正解の可能性が高いです。

一つ例を挙げます。

問題:

Where is the park? (公園はどこですか?)

回答:

A.I parked a car. (車を駐車する)

B.Next to the post office. (郵便局のとなりです)

C.No, it isn’t. (ちがいます)

問題のpark(公園)と回答(A)のpark(駐車をする)の様に同じ語句がある場合は、不正解の可能性が高いです。

その他にも、parkと微妙に音が似ているpack(荷物)などが選択肢に入っており、不正解へ誘導してきますので気を付けましょう。

直接的・間接的な回答があることを知る

Part2では疑問文に対して答える際に、直接的な回答のほかに間接的な回答があります。

これに関しては例を挙げながら説明します。

問題:

Who sent a mail?(だれが手紙を出したのですか?)

直接的な回答

Ken sent it.(Kenが手紙をだしました)

間接的な回答

I don’t know. Please ask Ken. (わからないです。Kenに聞いてみてください。)

上記の様に、Who(だれ)に対してKenなどのように直接答えているものを直接的な回答といいます。

間接的な回答とは疑問文に対して、直接的な回答するのではなく「誰かに聞いて」や「あの文章をみて」などと返答する形式の回答のことです。

直接的な回答は比較的簡単ですが、間接的な回答は難しい傾向があります。

直接的な回答の方が大多数ですので、初心者のうちは直接的な回答に注意して選択肢を聞くようにしましょう。

選択肢の中に直接的な回答がなければ、間接的に答えているものを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、Part2で使えるコツ・テクニックを紹介しましたので、最後にまとめさせていただきます。

【TOEIC点数アップ】Part2のコツ・テクニック
1.Directionでウォーミング アップ・気持ちの切り替え
2.WH疑問文は1語目に注目
3.似た音の語句に飛びつかない
4.直接的・間接的な回答があることを知る
まぐろ子
まぐろ子

今回のテクニックをどんどん利用してみてください。

間違いなく点数アップにつながります。

Part 1のテクニックを紹介

この記事ではPart2について解説しましたが、Part1で使えるテクニックを知りたい方も多いはずです。

Part1を苦手に感じる方が多い一方で、4つのポイントを押さえるだけで満点も夢ではありません。

詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

TOEIC Part1で使えるテクニック

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話からスマホアプリなど様々な参考書や勉強法を試しながら何度もTOEICを受験。

最終的にTOEICスコア920点を取得。TOEICで高得点を取得後は社内でも一目置かれる存在に!

社会人になってから英語を始めても遅くないことを証明

この経験を生かしてTOEICで目標スコア達成するためのサポートになるようブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を考案中。

コメント