【TOEIC受験者必見】まだ遅くない!試験当日(直前)の過ごし方・対策法を解説!

父まぐろ
父まぐろ

今回の記事では、TOEIC920点を取得した経験を踏まえてTOEIC当日の過ごし方を紹介します。

この記事は、こんな方むけ

TOEICを初めて受ける方

TOEIC当日の流れを知りたい方

TOEIC当日にやること・やってはいけないことを知りたい方

TOEICの勉強をしっかりやってきたはずなのに、点数が思ったほど伸びなかったなんて経験はありませんか?

その原因は、当日の過ごし方が間違っているからかもしれません……

勉強をどれだけ頑張ってきたとしても、当日に力を出せなければ良い点数はとれません!

私もテスト中にトイレに行ってしまい、問題を半分も解けずに終了したことがあります。

あれは泣きそうになりました……

でも、そんな経験は皆さんに味わってほしくない!

私もTOEIC920点を取るまでに、なんども受験をしては数々の失敗をしてきました。

そのおかげで「当日にやるべきこと・やってはいけないこと」を網羅することができました。

「やるべきこと」は、スコアアップのために必須です。

「やってはいけないこと」を避けるだけでも、スコアが下がるのを防ぐことができるでしょう。

そして、今回はそのポイントを出し惜しみなしで、全て皆様にお伝えさせていただきます。

この記事を読むことによって、最高の状態でTOEICを受験でき、目標点数を達成できること間違いなしです。

まぐろ子
まぐろ子

すぐに実践可能なものばかりなので、読んでおいても損はしません。

時間が無い方は目次だけでも、大まかな過ごし方が分かります。

併せて前日の過ごし方も触れていますので、興味がある方はどうぞ!

TOEIC前日の過ごし方

TOEIC当日の過ごし方は非常に大切ですが、前日までの過ごし方も注意が必要です。

前日までに用意しておくべきものってありますよね?

意外と忘れがちですが、腕時計を忘れていませんか?

その他にも、前日までに用意しておくべきものってたくさんあります。

TOEIC受験時に必須の持ち物から前日にすべきことまで、記事にまとめました。

前日までの過ごし方や準備するものについて少しでも気になった方は一度読んでみてください。

まぐろ子
まぐろ子

TOEIC当日のことだけ分かれば大丈夫という方は、この記事を読み進めてください。

TOEIC当日

当日の流れ

まずはTOEIC当日の流れだけ、おさらいしておきましょう。

午前実施午後実施
受付 9:25~ 9:5514:05~14:35
試験の説明・音テスト 9:55~10:2014:35~15:00
試験開始~試験終了10:20~12:2015:00~17:00
問題用紙・解答用紙の回収12:20~12:3517:00~17:15
解散12:3517:15
TOEICホームページより引用

注意点

  • 受付時間終了までに受付にお越しいただけない場合は受験できません。
  • 受付時間終了後は休憩がありません。また、退室も認められません。
  • 受付後、着席されましたら机の上の受験のしおりを見て解答用紙A面の記入を始めてください。

TOEICは午前実施と午後実施のパターンがあり、テストの時間は120分と決まっています。

リスニング45分、リーディング75分の合計120分という長い時間を乗り切るためには、生半可な覚悟では厳しいです。

そのことからも、テスト当日は「どれだけ最高のコンディションに持っていけるか」が成功のカギになります。

なので、最高のコンディションを保つためのコツ全て書かせていただきました。

「最高のコンディションでテストを受けたい」「スコア爆上させたい」という方の参考になります。

やること・対策法

TOEIC当日やること・対策法
1. 早起きする
2. 開始の1時間前までに軽食を済ませる
3. 受付時間の30分前までに会場に着く
4. 試験開始前・受付前にリラックスする
5. 勉強した内容を軽くおさらいする
6. 公式問題集のリスニングを聞く
7. 試験の時間配分を思い出す
8. 前の席に移してもらう

早起きする

【理由】

 余裕をもって試験にのぞむため

試験当日の早起きは非常に大切です。

早起きをすることで、今回紹介するような試験前にすべきことのために時間を確保できます。

例えば、必要な持ち物を再確認をすることができますよね。

その他にも、試験会場に余裕をもって到着できたりと良い効果ばかり。

ぜひ、試験当日は早起きを心がけましょう。

開始の1時間前までに軽食を済ませる

【理由】

 試験時間の空腹感をなくすため

テストの直前に食べるとお腹が膨れたりとテストに集中できなくなる心配があるため、最低でも1時間前に済ませておくことをおすすめします。

軽食の内容としては、個人的には、おにぎりなどの炭水化物が特におすすめです。

それでも直前にお腹がすいてしまうようであれば、チョコレートなどで少し糖分を補給するのがよいでしょう。

受付時間の30分前までに会場に着く

【理由】

 精神安定・リラックスのため

 慌てた状態で120分のテストに臨むのと、落ち着いた状態でテストに臨むのでは大違いです。

 精神的に不安定になっていては、解ける問題も解けなくなってしまいます。

試験開始前・受付前にリラックスする

【理由】

 テストに集中するため

 好きな音楽を聴くなどして、テストに集中できる環境づくりが大切です。

 テストに集中できるのであれば無理に単語帳を見たりする必要もありません。

勉強した内容を軽くおさらいする

【理由】

 復習しながらリラックスするため

 慣れ親しんだ参考書などにさっと目を通す程度で十分。

 理解している内容のおさらいをする程度であれば、本番用のエネルギーを使いすぎることなく復習できます。

 今まで勉強した内容に軽く目を通すことで、自信をもった状態で試験にのぞむことができます。

公式問題集のリスニングを聞く

【理由】

 TOEIC本番に向けて耳を準備しておけるため

この時に特に注意すべきなのは、聞いたことがある問題だけを聞くことです。

知っている問題を聞いて答えが分かるという状態を作ることで、リスニングに関しても自信をもった状態で試験にのぞむことができます。

また、もう一つ注意点があります。

リスニングをするにしても、試験直前まで聞く必要はありません。

ぎりぎりまでリスニングを続けていると、疲れてしまって逆効果になります。

なので、試験会場までの移動時間に、リスニングをするのが一番おすすめです。

試験の時間配分を思い出す

【理由】

 試験時間を有効に利用するため

TOEICでは時間配分を意識しておくことが、スコアアップのポイントになります。

初心者にとって、120分の試験時間内に問題を解き終わることはほぼ不可能です。

参考までに私が考える時間配分をお示ししますので、これを意識して試験にのぞみましょう。

時間を有効に利用するため、リーディングセクションでは1問30秒以内を目安に取りかかります。

それ以上時間をかけても分からない問題はどんどんスキップしていきましょう。

所要時間の目安も載せておきますので参考にしてみてください。

前の席に移してもらう

【理由】

 リスニングでスコアアップするため

リスニングの際、スピーカー付近が放送内容を聞きやすく一番有利だからです。

放送が聞こえにくいなどと理由を説明をすれば、前の席に移動させてくれます。

私も席を移動させてもらったことがありますので、自分の割り振られた席に納得がいかなければ検討してみてください。

暑さ・寒さ対策をしておく

【理由】

会場の空調が万全とは限らないため

TOEICの会場では多くの人がいっぺんに試験を受けるため、温度調節が難しく寒すぎたり暑すぎたりということが良くありました。

コロナの影響もあって換気を十分に行う必要があり、さらに温度調整がむずしくなっています。

そのため、夏であろうと冬であろうと、「会場が暑すぎる」「寒すぎる」可能性に注意してください。

意外と忘れがちですが、会場の環境に対応できるように十分備えておきましょう。

父まぐろ
父まぐろ

やるべきことはこんな感じです。

次に、やってはいけないことを紹介します。

やってはいけないこと

TOEIC当日にやってはいけないこと
1. 新しいことを覚えようとする
2. 受付時間の直前に会場入りする
3. 試験中にトイレに行く
4. 当日に食べ過ぎる

新しいことを覚えようとする

【理由】

 テストに使うべきエネルギーを消費してしまうため

私の経験からも、試験当日にあわててもしかたがありません。

つまり、試験当日の悪あがきはやめた方がよいです。

試験当日に新しくあれこれ覚えようとすると、試験に使うべきエネルギーが減ってしまいます。

なので、今まで勉強した内容を軽くおさらいする程度にしましょう。

試験に向けてエネルギーを温存しつつ、精神的な安定を保てるように注意してください。

受付時間の直前に会場入りする

【理由】

 心の安定を欠くため

計画的に受付開始前に会場入りするのであればよいですが、あわてて受付開始直前に来るようであればリラックスできないからです。

もし忘れ物なんかがあれば大惨事……

それに受付時間直前に会場入りしてしまうと、トイレを済ませられないのも大問題でしょう。

なので、試験直前の会場入りはNGです。

試験中にトイレへ行く

【理由】

 トイレに行くことで試験時間が削られてしまうため

もし試験中にトイレに行きたくなったことを想像してください。

その瞬間から集中力がガタ落ち間違いなし……。

TOEIC中の数分間を大切にできるかどうかで、100点くらいの差がでると思ってください。

ですが、どうしてもトイレに行きたくなってしまったときには係員に伝えてトイレに行ってください。

トイレを我慢し続けても良い点数はとれません。

当日、食べ過ぎる

【理由】

 食べ過ぎてしまうと試験中に眠くなる・トイレに行きたくなるため

試験当日は食べ過ぎ厳禁です。 

食べ過ぎは、試験当日の死活問題である、トイレに行きたくなる可能性が高くなります。

特に試験開始時間が午後の際には、食べ過ぎてしまうと眠くなってしまいます。

なので、試験当日は軽く食べるようにする意識が必要です。

父まぐろ
父まぐろ

試験当日のトイレ問題は非常にデリケートですので気をつけてください!

試験当日の悪あがき

個人的には、TOEIC試験当日の悪あがきはおすすめしてきませんでした。

ですが、「それでもやっぱり、何かできることはないの?」というお声をいただきます。

なので、この記事を読んでくれたあなたのために、「試験に疲れを持ち越さず、それでいて試験対策になる」勉強法を考え抜き抜きました。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、興味がある方はぜひ一読してください。

読んでいただければ、確実にスコアアップにつながります。

試験当日のおすすめ持ち物

試験当日に持っていくべきものは大丈夫ですか?

持っていけば、最高のコンディションで試験を受けられるもの7つを厳選しました。

試験で失敗したくない方は、絶対に役立ちます。

こちらの記事からどうぞ。

TOEIC試験後にすべきこと

TOEIC当日(直前)の過ごし方が分かったら、一つ覚えておいてほしいことがあります。

それは「試験を受けて、それで終わりにしてはいけない!」ということ。

なぜなら、試験を受けること自体が勉強になるので、試験終了した解放感で遊びにいくのはちょっと待ってください!

試験終了後にすべきことを、こちらの記事にまとめておりますのでぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事を読むことで、さらに目標とするスコアに到達しやすくなります。

まとめ

今回は私の経験を踏まえてTOEIC当日の過ごし方「やること・やってはいけないこと」を紹介しました。

最後に今回の内容を振り返らせていただきます。

これらのチェックポイントを押さえるだけでもTOEIC点数アップ間違いなし!

TOEIC当日やること・対策法
1. 早起きする
2. 開始の1時間前までに軽食を済ませる
3. 受付時間の30分前までに会場に着く
4. 試験開始前・受付前にリラックスする
5. 勉強した内容を軽くおさらいする
6. 公式問題集のリスニングを聞く
7. 試験の時間配分を思い出す
8. 前の席に移してもらう
当日やってはいけないこと
1. 新しいことを覚えようとする
2. 受付時間の直前に会場入りする
3. 試験中にトイレへ行く
4. 当日、食べ過ぎる
父まぐろ
父まぐろ

TOEIC当日の体調管理には気をつけてください!

TOEIC学習をこれから始める人向け

TOEICの勉強をこれから始める人向けに、こちらの記事を書かせていただいています。

これからTOEICの勉強を始める方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

そして、もちろん勉強の時に「やるべきこと」「やってはいけないこと」があります。

これを知らなかったばかりに、時間を無駄にしてきた方が本当に多いです。

あなたの時間を無駄にする前に、まず読んでおいてください。

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント