【初心者必見】応用も完璧!「他動詞+目的語+to不定詞」について解説します!

この記事は、こんな方むけ

TOEIC初心者

to不定詞について学習中の方

でも、to不定詞が苦手な方

父まぐろ学長
父まぐろ学長

TOEIC920点を取得した経験を生かして、あなたのお悩みにお答えします。

たかし
たかし

to不定詞について教えてください。

父まぐろ学長
父まぐろ学長

承知しました。

それなら、今回は以前に解説したto不定詞の続きです。

to不定詞は、TOEICパート5の肝と言っても過言ではありません。

TOEIC 600点を取りたいならば、確実に正解していく必要があります。

ですが、いろいろな用法があるせいで、「to不定詞は苦手…」という人が多いです。

そのため前回、別記事で「to不定詞の基礎」について解説しました。

ですが「他動詞+目的語+to不定詞」という形があるのをご存知でしょうか?

to不定詞の応用的な用法ですが、こちらもTOEICで頻出です。

これを聞いて、さらに嫌になった方もいるかもしれません…

でも安心してください。

今回も、あなたの苦手克服に役立つ記事を書きました。

この記事を読んでいただければ、TOEIC 600点を取れる「他動詞+目的語+to不定詞」の使い方を知ることができます。

まぐろ子
まぐろ子

to不定詞が苦手な方は、ぜひ読み進めてください。

TOEIC学習スマホアプリの決定版!

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース。

初心者がゼロからTOEIC学習するのに一番おすすめ。

動画で英単語・文法・リスニング対策ができるので、隙間時間でもしっかり学習できます。

たったの3ステップで無料体験

to不定詞について

「to不定詞」は、「to + 動詞の原形」の形にすることで、形容詞・副詞・名詞として利用します。

形容詞・副詞・名詞として利用される際、一般的には形容詞的用法・副詞的用法・名詞的用法と言われることが多いです。

to不定詞の基本的性質として、「これから先のこと」や「これから起こりうる可能性のあること」があります。

なので、未来の行動や出来事を予想する・希望するような動詞と一緒に使われることが多いです。

さらに詳しい用法については、こちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。

 

他動詞+目的語+to不定詞

他動詞+目的語+to不定詞意味
advise…to~…に~するよう忠告する、…に~するよう助言する
allow…to~…に~するのを許す、…が~であると認める
ask…to~…に~するよう頼む
cause…to~…に~させる
compel…to~無理やり…に~させる
enable…to~…が~するのを可能にする
expect…to~…が~するのを期待する
force…to~無理やり…に~させる
get…to~…に~してもらう
like…to~…に~してほしい
permit…to~…が~するのを許す
persuade…to~説得して…に~させる
remind…to~…に~を気づかせる
teach…to~…に~の仕方を教える
want…to~…に~してほしい
warn…to~…に~するよう警告する

自動詞と他動詞について

自動詞とは、目的語を必要としない動詞

他動詞とは、目的語を必要とする動詞

 

advise…to~

「advise」には「助言する」という意味があります。

それを踏まえ「…に~するよう忠告する」「…に~するように助言する」のように訳します。

すこし高圧的な印象を与える可能性がありますので、日常で使う時は注意が必要です。

例文1

I advised him to study English yesterday.

「昨日、私は彼に英語の勉強をするように忠告した」

I advised him not to study English yesterday.

「昨日、私は彼に英語の勉強をしないように助言した」

※「advise…not to~」とすることで、「…に~しないよう忠告する」と否定の意味に変わります。

 

allow…to~

「allow」には「許す」という意味があります。

それを踏まえ「…に~するのを許す」「…が~であると認める」のように訳します。

「…に~するのを許す」の方が有名ですが、「…が~であると認める」という用法があることも覚えておきましょう。

例文2

They allowed me to park my car here.

「彼らは、私がここに車を止めるの許可を与えた」

I allow you to be honest

「私は、あなたが正直者だと認めている」

 

ask…to~

「ask」には「お願いする」という意味があります。

それを踏まえ「…に~するよう頼む」のように訳します。

例文3

I asked her to help me.

「彼女に私を手伝ってくれるようにお願いした」

 

cause…to~

「cause」には「(名詞)原因」「(動詞)…を引き起こす、させる」という意味があります。

なので「cause…(人)to~(動詞の原形)」は、「(人)に…することを引き起こす」となります。

そして、日本語としては「…に~させる」のように訳します。

例文4

The earthquake caused us to move.

「その地震が、私たちに引っ越させた(その地震が、私たち引っ越しの原因となった)」

「cause」には「原因」という意味があるため、「S(主語)+cause+O(目的語)+to+(動詞)」で「(主語)が、(目的語)の(動詞)となる原因である」とも訳せます。

 

compel…to~

「compel」には「(人)に…を強制する」という意味があります。

そして、compelの背景には「権力や目上のものによって強制させられる」というニュアンスがあるのです。

なので、「無理やり…に~させる」のように訳します。

例文5

My teacher compel us to follow the rules.

「私の先生は、ルールに従うように強制する」

enable…to~

「enable」には「…を許す」「…を可能にする」「…資格を与える」という意味があります。

なので「…が~するのを可能にする(許可する)」のように訳します。

例文6

The train enable us to go to the school.

「その電車が、私たちに通学を可能にした(その電車のおかげで、私達は通学できる)」

例文のように「S(主語)+enable+O(目的語)+to+(動詞)」で「(主語)のおかげで、(目的語)が(動詞)できる」とも訳せます。

 

expect…to~

「expect」には「(名詞)期待」「(動詞)…を期待する、望む、予期する」

その上で「…が~するのを期待する」のように訳します。

例文7

I expect him to go to Mars.

「私は、彼が火星に行くと期待している」

 

force…to~

「force」には「(名詞)強制、力」「…強制する」という意味があります。

なので「force」には、強めに強制するニュアンスがあり、「無理やり…に~させる」のように訳します。

例文8

The storm forced us to take refuge.

「その嵐が私たちに避難を強制した(その嵐のせいで、私達は非難をしなければならなかった)」

The storm made us to take refuge.

「その嵐が私たちに避難させた(その嵐のせいで、私達は非難をしなければならなかった)」

また、「force…to~」は例文の様に「make…to~」を用いることで言い換えることができます。

 

get…to~

「get」には「…を得る」という意味があります。

つまり、「get…(人)to~(動詞の原形)」で「(人)が…するという状況を得る」となります。

なので、「人に…をお願いをする、依頼をする」という意味につながるのです。

それを踏まえて、「…に~してもらう」のように訳します。

例文9

I got her to cut my hair.

「私は、彼女に私の髪の毛を切ってもらった」

ちなみに、先ほどの「force」よりは「お願い」の程度は弱めです。

 

like…to~

「like」には「…が好き、好ましい」という意味があります。

つまり、「like…(人)to~(動詞の原形)」で「(人)が…するという状況を好む」となります。

なので、「人に…をお願いをする」という意味につながるのです。

それを踏まえて「…に~してほしい」のように訳します。

例文10

I like him to do his best.

「私は、彼にベストを尽くしてほしい」

I want him to do his best.

「私は、彼にベストを尽くしてほしい」

I would like him to do his best.

「私は、彼にベストを尽くしてほしい」

例文の様に「like…to~」は「want…to~」「would like…to~」を使っても書き換え可能です。

 

permit…to~

「permit」には「(名)許可」「(動詞)…を許可する」という意味があります。

なので「permit…(人)to~(動詞の原形)」は「…が~するのを許す」のように訳します。

例文11

My parents permitted me to eat out tonight.

「私の両親は、今晩私が外食するのを許してくれた」

 

persuade…to~

「persuade」には「(名詞)説得」「(動詞)…を説得する、言い聞かせる」

「説得して…に~させる」のように訳します。

例文12

I persuaded my mother to give me money.

「私は、私の母にお金をくれるように説得した」

例文のように、説得して何かを許可してもらうような時に使われます。

 

remind…to~

「remind」には「…を思い出させる、気づかせる」という意味があります。

なので「remind…(人)to~(動詞の原形)」で「(人)に…することと思い出させる、気づかせる」となります

例文13

He reminded me to bring an umbrella.

「彼は私に傘を持っていくことを思い出させてくれた(気づかせてくれた)」

He advised me to bring an umbrella.

「彼は私に傘を持っていくことを忠告した」

例文の様に「remind…to~」は「advise…to~」を使うことで、同じような意味の文章になります。

 

teach…to~

「teach」には「…を教える」という意味があります。

なので「teach…(人)to~(動詞の原形)」で「(人)に~の仕方を教える」のように訳します。

例文14

He teach me to read and write English.

「彼は私に英語の読み書きの仕方を終えてくれる」

He tell me how to read and write English.

「彼は私に英語の読み書きの仕方を終えてくれる」

例文の様に「teach…to~」は「tell…how to~」でも書き換えが可能です。

 

want…to~

「want」には「…がほしい」という意味があります。

つまり「want…(人)to~(動詞の原形)」で「(人)が…するという状況がほしい」となります。

なので「…に~してほしい」のように訳します。

例文15

I want him to make a cake.

「私は、彼にケーキを作ってもらいたい」

I like him to make a cake.

「私は、彼にケーキを作ってもらいたい」

I would like him to make a cake.

「私は、彼にケーキを作ってもらいたい」

先ほども述べました。

例文の様に「want…to~」は「like…to~」「would like…to~」を使っても書き換え可能です。

 

warn…to~

「warn」には「…を警告する」という意味があります。

なので「warn…(人)to~(動詞の原形)」で「(人)に~するよう警告する」のように訳します。

例文16

I warned him to avoid problems.

「私は、彼に問題を避けるように警告した」

I warned him notto overwork himself.

「私は、彼に働きすぎないように警告した」

例文の様に「warn…not to~」とすることで「…に~しないよう警告する」という意味になります。

併せて覚えておきましょう。

父まぐろ学長
父まぐろ学長

今回は、ここまで。

 

まとめ

今回は「他動詞+目的語+to不定詞」型について解説しました。

最後に紹介した内容をもう一度載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

他動詞+目的語+to不定詞意味
advise…to~…に~するよう忠告する、…に~するよう助言する
allow…to~…に~するのを許す、…が~であると認める
ask…to~…に~するよう頼む
cause…to~…に~させる
compel…to~無理やり…に~させる
enable…to~…が~するのを可能にする
expect…to~…が~するのを期待する
force…to~無理やり…に~させる
get…to~…に~してもらう
like…to~…に~してほしい
permit…to~…が~するのを許す
persuade…to~説得して…に~させる
remind…to~…に~を気づかせる
teach…to~…に~の仕方を教える
want…to~…に~してほしい
warn…to~…に~するよう警告する
この記事の作者はこんな人
父まぐろ学長

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント