【初心者必見】苦手克服!TOEIC頻出の「分詞」について解説!

この記事は、こんな方むけ

TOEIC初心者

分詞が苦手な方

TOEIC 600点取りたい方

父まぐろ
父まぐろ

今回もあなたのお悩みにお答えします。

動詞とかの前や後ろに-ing形や過去完了形がついているときがありますよね?

あれが、良く分からないので、教えてください。

父まぐろ
父まぐろ

それは「分詞」のことですね。

それでは早速、解説します。

分詞、分詞構文という言葉を聞いたことがありますか?

簡単にいうと、動詞の活用の一つになります。

これはTOEICの山場の一つで、TOEIC 600点を取るためには避けては通れない文法の一つです。

ですが、山場だけあってぜんぜん簡単ではありません。

初心者にとって、分かりにくい文法の上位に来ること間違いないでしょう。

私自身もかなり学習するのに苦労しました。

だからこそ、実感をもって、分かりやすい「分詞」の考え方を紹介することができます。

でも、難しいことには変わりありません。

なので一気に解説せず、全2回に分けて「分詞」について解説をしていきます。

今回は、分詞の基礎について重点的に解説します。

この記事を読んでいただければ、「分詞」の基礎は完璧になるでしょう。

まぐろ子
まぐろ子

分詞が苦手な方は、ぜひ読み進めてください。

TOEIC学習サポートの決定版!

それが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース。

初心者がゼロから文法を学ぶなら、このアプリが一番おすすめ。

動画で文法対策ができるので、隙間時間でもしっかり学習できます。

無料体験なのに、すべての機能が利用可能

分詞とは

ひと言でいうと、分詞とは動詞の形の一つです。

詳しく言うと、動詞の-ing形(現在分詞)と過去完了形(過去分詞)を用いて、名詞を修飾・説明する動詞の一用法になります。

そして、現在分詞と過去分詞では、意味に大きな違いがあります。

分詞となるのが他動詞か自動詞によって、さらに意味合いが変わるのです。

なので今回は、他動詞/自動詞の現在分詞/過去分詞の意味と使い方を紹介します。

また、分詞は名詞を修飾するだけでなく、例文の様に2つの文章を1文で表せます。

例文1

She went to the museum. 「彼女は美術館に行った」

She was smiling. 「彼女は笑っていた」

→ When she went to the museum, she was smiling. 

→ She went to the museum smiling.

※smilingはmuseumではなく、she(主語)にかかっている点に注意が必要です。

これがいわゆる、分詞構文です。

ですが、今回は現在分詞/過去分詞の使い方にしぼって紹介しますので、分詞構文については別記事で解説します。

他動詞の現在分詞/過去分詞

現在分詞

他動詞の現在分詞は、基本的には「(相手を)…する」という能動的な意味があります。

なぜ、このような使い方になるか説明します。

他動詞には目的語が必要とし、目的語に対して「…をする」という働きかけの意味があるからです。

基本的には、名詞の後ろに置き、名詞の「動作」を説明するとができます。

使い方の詳細は、例文をみながら説明させてください。

例文2

〇 the museum displaying the sculpture

× the displaying museum (?)

その有名な彫刻を展示している博物館

例文2では「the museum」が「displaying the sculpture」によって修飾される名詞です。

display(…を展示する)は他動詞なので、他動詞の後ろに目的語を持ちつつ、the museumという名詞がしている動作を説明できます。

例文2の不適切例では、theとmuseumの間にdisplayingが入っていますが、博物館を展示しているという意味になってしまいます。

なので、他動詞の現在形は、目的語を伴いながら名詞の後ろに置いて使います。

過去分詞

他動詞は目的語に対して「(相手を)…する」という働きかけの意味があると説明しました。

なので、他動詞の過去分詞を用いることで、「(相手によって)…された」という受動的な意味を持つようになります。

基本的には、名詞の直後において「…された」という意味になりますが、過去分詞形の動詞単体であれば直前に置くことも可能です。

詳しい使い方は、先ほど同様、例文をみながら説明させてください。

例文3は例文2を参考に作成しましたので、文章の意味は例文2とほぼ同じです。

ですが、分詞が過去分詞となっていますので、文章の形が変わっていることに注目してください。

例文3

the sculpture displayedin the museum

「その博物館に展示されている有名な彫刻」

〇 the displayed sculpture「展示された彫刻」

今度は「the sculpture」が「displayed in the museum」によって修飾される名詞となっています。

なぜこのようになるかというと、他動詞の現在分詞と過去分詞は、それぞれ能動態と受動態と説明しました。

そして、能動態と受動態では、する方(能動)とされる方(受動)の意味関係を入れ替え可能です。

なので、現在分詞と過去分詞も、能動態や受動態と同じと考えられ、意味関係を入れ替えられるのです。

ただし、「the」と「sculpture」の間に「displayed」を置いても意味が通ります。

この際は、「displayed」を修飾していた「in the museum」を取り除く必要があります。

他動詞の、現在分詞=「能動態」、過去分詞=「他動態」

父まぐろ
父まぐろ

他動詞の基礎について説明しました。

次は、自動詞についてみていきましょう。

自動詞の現在分詞/過去分詞

現在分詞

自動詞の現在分詞は、「(自分自身が)…している」という進行形的な意味になります。

こちらの理由も説明します。

そもそも、自動詞は目的語を持たない、自己完結的な意味の動詞です。

なので、自動詞の現在分詞は-ing形の意味そのままに、進行形の意味を持ちます。

基本的には、名詞の直前に置くことで、名詞自体の進行形の様子・状態を説明することができます。

詳細な使い方は、例文をみながら説明させてください。

例文4

〇 a falling apple落ちているリンゴ」

〇 an apple falling from a tree「落ちているリンゴ」

△ an apple falling「りんごが落ちること」

「falling」という現在分詞が、「apple」を修飾・説明しています。

進行形の意味を持ち、自動詞なので後ろに目的語を必要としないので、名詞の直前に置きます。

ただし、「from a tree」のような「falling」を修飾する副詞を伴い、名詞の直後置くこともできます。

「an apple falling」も完全には間違いな英語ではありませんが、文の意味が変わってきてしまいます。

でも、覚えて欲しいのは、肝である自動詞の現在分詞は「進行形」を表すということです。

過去分詞

自動詞の過去分詞は、「(自分自身が)…し終えた」という完了形的な意味があります。

動詞は目的語を持たない、自己完結的な意味の動詞と説明しました。

なので、自動詞の過去分詞とすることで、自信の行為が終わったという「完了」の意味を持ちます。

詳細な使い方は、例文をみながら説明させてください。

例文5

〇 a fallen apple 「落ち終わったリンゴ」

× an apple fallen …(?)

〇 an apple fallen from a tree 「木から落ちたリンゴ」

例文5では「fallen」という過去分詞が、「apple」を修飾・説明しています。

基本的には、名詞の直前に置き、名詞がすでに終了した行為・状態を表します。

ですが、もちろん名詞の後ろにも置くことができます。

この際は、例文5の様に「fallen」をさらに修飾する「from a tree」のような副詞が必要です。

ただし、例外にばかり注目せず、基本的に覚えて欲しいのは、自動詞の過去分詞は「完了」を表すということ。

自動詞の、現在分詞=「進行形」、過去分詞=「完了形」

父まぐろ
父まぐろ

ここまでが、他動詞/自動詞の現在分詞/過去分詞について基礎的な内容です。

分詞の応用(分詞が補語になる用法)

さらに、分詞のちょっとした応用についても触れていきます。

まずは、補語になるパターンについて解説します。

「S(主語)+V(動詞)+C(補語)」型

分詞が補語になるパターンの一つ。

「S(主語)+V(動詞)+C(補語 ※分詞がはいる)」型です。

この際、S(主語)=C(補語)となります。

ちなみに、C(補語)の部分に入る分詞は、現在分詞・過去分詞どちらでもO.K.です。

これに関しても、例文を見て説明させてください。

例文6

He keeps crying. 「彼は泣き続けている」

The clock got broken. 「その時計は壊れた

例文のように、「keep」「get」などのような状態・認識・感覚を表す動詞の後に分詞を続けることで、主語の状態を表します。

分詞の意味は「現在分詞=能動態」「過去分詞=受動態」となります。

そして、先ほど「主語=補語(分詞)」になるとも説明しました。

なので、例文6は例文6-1のように、動詞はbe動詞へ変換可能です。

例文6-1

He is crying. 「彼は泣いている

The clock was broken. 「その時計は壊れた

父まぐろ
父まぐろ

ここで一つ注意点があります。

先ほどの例文では、状態・認識・感覚を表す動詞に分詞を続ける場合について説明しました。

ですが、動作を表す動詞に分詞を続ける場合には、すこし意味が変わってきます。

この時は、主語が同時にしている動作(分詞の動詞)を表します。

例文をお示ししますので、そちらを見ながら説明させてください。

例文7

He walked cryingalong the street. 「彼は泣きながら、その道を歩いた」

例文7では、「He walked along the street.(彼はその道を歩いた)」とすでに文章が完成しています。

そこに、「crying」という現在分詞をいれることで、「泣きながら…」という意味を挿入できます。

なので、「彼は泣きながら、その道を歩いた。」となるのです。

まぐろ子
まぐろ子

分詞を補語にとる代表的な動詞を紹介しておきます。

ぜひ参考にしてください。

分詞を補語にとる動詞

現在分詞を補語にとる動詞:come…「…しながら来る」、get…「…し始める」、go…「…しながら行く」、keep…「…を続ける」、sit…「…しながら座っている」、stand…「しながら立っている」、walk…「…しながら歩く」

過去分詞を補語にとる動詞:appear「…の様にみえる」、feel「…されている様に感じる」、get「…される」、lie「…されて置かれている」、look「…の様に見える」、remain「…のままである」、seem「…の様である」

父まぐろ
父まぐろ

次に、もう一つ代表的な型があるので、それを説明します。

「S(主語)+V(動詞)+O(目的語)+C(補語)」型

分詞が補語になるもう一つのパターン。

それが「S(主語)+V(動詞)+O(目的語)+C(補語 ※分詞がはいる)」

この型は先ほどと少し違い、「O(目的語)=C(補語 ※分詞がはいる)」となります。

そして、この時の分詞の働きは、「現在分詞=能動態」「過去分詞=受動態」です。

その上で、使役動詞や知覚動詞を伴って使われます。

使役動詞は「(目的語)に……させる」のような意味がある動詞。

知覚動詞は「(目的語)が……なのを感じる」のような意味がある動詞。

では、例文を使って、詳しい使い方を説明させてください。

例文8

① I want the book repaired. 「私は、その本を直してほしい。」

② I saw him walking into the room. 「私は、彼がその部屋に入っていくのを見た」

例文では、「want」が使役動詞、「see」が知覚動詞です。

そして、C(補語)の主語は、直前の名詞になるので、例文8の①は「I want」と「the book repaired」に分けらます。

その上で、下記の例文8-1ように考えることができます。

例文8-1

I want the fact that the book will be repaired.

「私は、その本は直されるという事実が欲しい」

また、例文8の②は「I saw」+「him walking into the room」と分けて考え、例文8-2と表せます。

例文8-2

I saw that he was walking into the room. 

「私は、彼がその部屋に入っていくことを見た」

最後に、使役動詞と知覚動詞は重要ポイントなので、どんなものがあるかは覚えておきましょう。

まぐろ子
まぐろ子

目的語+補語・分詞の形をとる使役動詞・知覚動詞をお示しします。

一緒に覚えておいてください。

目的語+補語・分詞の形をとる動詞

使役動詞:get「…させる」、have「…してもらう」、make「強制的に…させる」、want「…してほしい」

知覚動詞:feel「感じる」、hear「聞く」、listen to「聞く」、look at「見る」、see「見る」、watch「見る」

父まぐろ
父まぐろ

今回はここまでにします。

分詞構文については別記事で解説しますので、下のページを読んでください。

分詞構文についてはこちら

分詞の基礎を覚えたかたは、こちらの記事を読んでください。

分詞の発展形である、分詞構文の基礎と応用編について解説しています。

TOEIC 600点と取りたい方は、絶対に参考になります。

まとめ

今回は、分詞の入門編ついて解説しました。

最後に、今回紹介した内容のポイントをまとめて、再度記載させていただきます。

他動詞はこう考える。

他動詞の、現在分詞=「能動態」、過去分詞=「他動態」

自動詞はこう考える。

自動詞の、現在分詞=「進行形」、過去分詞=「完了形」

分詞を補語にとる動詞はこちら。

分詞を補語にとる動詞

現在分詞を補語にとる動詞:come…「…しながら来る」、get…「…し始める」、go…「…しながら行く」、keep…「…を続ける」、sit…「…しながら座っている」、stand…「しながら立っている」、walk…「…しながら歩く」

過去分詞を補語にとる動詞:appear「…の様にみえる」、feel「…されている様に感じる」、get「…される」、lie「…されて置かれている」、look「…の様に見える」、remain「…のままである」、seem「…の様である」

目的語+補語・分詞の形をとる動詞はこちら。

目的語+補語・分詞の形をとる動詞

使役動詞:get「…させる」、have「…してもらう」、make「強制的に…させる」、want「…してほしい」

知覚動詞:feel「感じる」、hear「聞く」、listen to「聞く」、look at「見る」、see「見る」、watch「見る」

父まぐろ
父まぐろ

次回もよろしくお願いいたします。

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント