【TOEIC初心者向け】英単語から文法まで学習するなら「1日1分レッスン!」シリーズ。

父まぐろ
父まぐろ

今回もあなたにおすすめの書籍を紹介させていただきます。

この記事は、こんな方向け

TOEIC初心者

英単語と英文法を一緒に勉強したい方

隙間時間でのTOEIC学習法を知りたい方

「TOEICの勉強始めたばかりで、何をやったらいいか分からない……」

「英単語と一緒に英文法を勉強する方法ってないの?」

「隙間時間での勉強法を教えてください。」

父まぐろ
父まぐろ

あなたも、こんな風に考えていませんか?

そんなあなたにおすすめの書籍がありますので、ぜひ紹介させていただきます。

それが、「1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!」シリーズです。

著者は、メルマガ購読者3万人越えの「中村澄子」先生。

中村先生は、すみれ塾というTOEIC専門の塾で講師もされており、6万人以上のビジネスマンのスコアアップに貢献してきた実績があります。

そして、今までに900点越えの受講生を何人も送り出しています。

そんな中村先生の人気書籍が「1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!」シリーズなんです。

初版は2008年ですが、それ以降続々出版され7弾までシリーズが刊行中。

本シリーズは1問1答形式なので1問を解くのに1分程度あれば十分学習ができます。

なので、隙間時間での学習に非常に向いているんです。

もちろん、私も7冊全て揃えて勉強してきました。

1問1分で学習できるように工夫され、解説も丁寧なので、初心者におすすめできる数少ない書籍の一つです。

今回の記事では「1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!」のシリーズ1作目を紹介します。

そして、その上で本シリーズでの勉強の仕方、有効活用の方法も徹底解説します。

なので、この記事を読んでいただければ、初心者でもTOEICスコア600点に近づけること間違いなしです。

まぐろ子
まぐろ子

「1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!」シリーズについて知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!

概要

料金:838円(税込)

著者:中村澄子 先生

発売日:2008年3月12日

Part 5-6対策のための書籍です。

2021年8月時点で「1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!」シリーズは、第7弾まで発売されています。現在では「炎の千本ノック!」が新たに刊行中。

シリーズ1作目の本書には、Part 5対策として1問1答形式で172問が収録されてます。

問題は1つにつき2ページ構成。

1ページ目が問題とその回答の選択肢、単語解説になっており、2ページ目に日本語訳と問題の解き方、文法解説、問題のポイントが記載されています。

書籍の名前通り、1分あれば1問解いて解説まで読み込むことができます。

書籍に記載されている祥伝社ホームページURLから、音声ファイルをダウンロード可能。

ただし、その際には「Amazon Audible」か「audiobook」を利用する必要があります。

父まぐろ
父まぐろ

1問1答形式なので、隙間時間での学習に向いています。

リスニング教材として利用することで一石二鳥です。

中村澄子先生の紹介


同志社大学卒業。イエール大学でMBA(経営学修士)を取得。帰国後、米国の金融コンサルティング会社の日本法人立ち上げに参画。その後、オフィスS&Yを設立。大企業で英語研修講師を務める傍ら、東京・八重洲でビジネスパーソンに人気のTOEIC®スクールを運営。

購読者3万人を超える人気のメルマガ「時間のないあなたに!即効TOEIC®250点UP」の発行者でもある。著書は40冊以上を超え、プレジデント誌でも「信頼できる講師」や「信頼できる著者」に何度も選ばれている。著書には累計100万部突破の「1日1分!TOEIC® L&Rテスト千本ノック」シリーズなどがある。

すみれ塾ホームページより引用

父まぐろ
父まぐろ

中村はイエール大学でMBAを取得した経験を持つ英語マスター。

そんな中村先生の書籍なので、効果は抜群なんです。

おすすめな方

おすすめな方
1. TOEIC初心者
2. 隙間時間で勉強をしたい方
3. 解説の充実した参考書を求めている方

TOEIC初心者

本書はTOEIC Part 5とPart 6に焦点をあてた、1問1答形式の問題集です。

もちろん、TOEICに特化した参考書なので、問題に出てくる単語も英文法も全て、TOEICそのものといって間違いないでしょう。

なので、TOEIC初心者でも効率よく学習でき、本書をやりこむだけでスコアアップ確実です。

そして、1問1答形式なので、挫折しやすい初心者でも取り掛かりやすくなっています。

「1日1分レッスン」という名前も相まって、初心者でも無理なく学習を継続できます。

1日1分だけでいいなら、誰でも出来そうですよね?

学習を継続するのがTOEIC攻略には必須ですので、独学では挫折しそう……と不安な初心者には特におすすめです。

隙間時間で勉強をしたい方

先ほども書きましたが、1問1答形式なのでちょっとした隙間時間があれば十分勉強できます。

みんなが悩む可能性が高い英単語の解説や、解答の際の要点・考え方、英文法のポイントなどコンパクトにまとまっているのも良いです。

なので、他の参考書が手元になくても、最低限の学習が本書一冊で可能になっています。

また、本書は10cm×15cm程度のポケットサイズなのも、持ち運びに便利です。

どこにでも持っていけるところも、隙間時間での学習に有利なポイントの一つ。

そして、最近ではKindle電子版も利用できるようになりましので、スマホ1つがあれば勉強できます。

紙よりもスマホ学習派の方は、kindleをご利用ください。

解説の充実した参考書を求めている方

本書1冊あれば十分隙間時間での学習が可能と説明しました。

また、解答の解説もコンパクトにまとまっていると紹介したので、解説が少ないんじゃないかと心配されたかもしれません。

そこは安心してください。

解説は1ページにまとまっていますが、だからといって内容が薄いということは全くありません。

要点がまとまっていて、無駄なく解答に必要な文法など的確に解説されているのです。

なので、「時間が無いから隙間時間で学習をしたい」「でも解説はしっかりまとまっている参考書がほしい」という方には打ってつけです。

初心者向けの勉強法

初心者向けの勉強法
1. 【単語の意味】を読む・覚える
2. 問題を解く
3. 正解・解説を読む
4. 日本語訳を読む
5. 分からない文法や単語を調べる
6. 音声をリスニングしながら学習

【単語の意味】を読む・覚える

まず最初に、問題に出てくる英単語を覚えておきましょう。

本書では【単語の意味】の欄で、だれもが間違えるであろう英単語・熟語の解説が1ページに載っています。

慣れないうちは、まず最初にカンニングしておきましょう。

そうすることで、スムーズ問題を解くことができます。

問題を解く

最低限の英単語を覚えたら、次は実際に問題を解きましょう。

最初は時間など気にせず問題を解いて良いです。

ですが、慣れてきたら30秒以内、20秒以内、10秒以内と時間制限を決めて問題を解いてください。

そうすることで、TOEIC試験に慣れることができます。

正解・解説を読む

問題を解いたら、次のページに書いてある正解の答えと解説を読み込んでください。

解説には

特に秀逸なポイントがあります。

それは、TOEIC試験でよく経験する、選択肢で迷った際の考え方(英文法)が丁寧に書いてあるところです。

例えば、「The officers () the meeting.」(役員が会議に参加する)という文章になるよう、適切な選択肢を選ぶ問題があったとします。

AからDが、その際の選択肢です。

A. present

B. participate

C. go

D. attend

答えはD. attendです。

attendは他動詞なので、attendの直後には目的語がくるので、これが正解になります。

他の選択肢も一見すると、正解ぽっくみえますよね?

ですが、participateであれば前置詞の「in」が、goであれば前置詞の「to」があれば正解になりますが、それらがないので正解にはなりません。

このような解説が事細かに収録されているのです。

なので、解説を読み込むのは非常に重要です。

日本語訳を読む

解説を読み込んだら、次に日本語訳を読んでみてください。

この時はただ日本語訳を読むのではなく、自分でも英文をしっかり訳すことができるか確かめましょう。

正解できて、英文を日本語訳できていれば、次の「分からない文法や単語を調べる」はスキップして大丈夫です。。

分からない文法や単語を調べる

先ほど、英文を日本語訳できるかどうか確認しました。

ちょっとした違いはあるかもしれませんが、大方日本語訳できていれば英単語や文法を理解しているといっていいです。

ですが、日本語訳できなければ、それには原因があります。

それは、「英単語が分からない」か「文法を理解していない」かのどちらかです。

なので、分からない単語や文法を理解できるまで、しっかり調べておきましょう。

初心者であれば、こちらの参考書がおすすめです。

TOEICに必要な文法を理解するのに最適な一冊になっています。

他にも、こちらの記事では初心者におすすめの参考書を紹介していますので、参考にしてみてください。。

音声をリスニングしながら学習

上記までの勉強手順だけでも十分ですが、本書も音声をAudibleかaudiobookを利用することで聴くことができます。

隙間時間の学習に最適なリーディング参考書なのは間違いありません。

ですが、リスニング教材としても優秀ですので、ぜひ音声も聞きつつ勉強をしてください。

この時には、リッスン&リピートやオーバーラッピング、シャドーイングをするようにしましょう。

リッスン&リピート:1文ごとに音声を止めて、聞こえた通りに声を出す方法

オーバーラッピング:テキストを見ながら音声と同時に声に出す方法

シャドーイング:テキストを見ない状態で、聞こえた音声の通りに声に出す方法

まぐろ子
まぐろ子

ここまでが、初心者向けの勉強法です。

もし本書を持っている方は参考にしてみてください。

利用時の注意点

利用時の注意点
1. 分からなかった問題はそのままにしない
2. 英単語・文法を理解することに重点を置く
3. 解説が頭に入るまで繰り返し勉強をする

分からなかった問題はそのままにしない

本書は1問1答形式で解説も充実しています。

なので、初心者でも問題を解き続けて解説を読むだけで、だいたいの問題は理解できるようになります。

ですが、中にはそれだけでは、完全に理解できないものもあります。

なので、足りない部分は、自分で調べる必要があることは忘れないでください。

ですが、隙間時間で勉強している時には、限られた時間で全て調べるのは難しいです。

なので、理解できたかどうかを基準にして、分からない問題にチェックをつけておいて後で必ず調べるようにしてください。

英単語・文法を理解することに重点を置く

先ほどの注意点と似ていますが、本書は1問1答形式なので、どんどん先に進みやすいです。

英単語や文法の解説も充実しているので、何となく理解した気になってしまうかもしれません。

ですが、それでは本末転倒です。

本書を使う際には、1問1問を大切に勉強した方が、効果が高いです。

つまり、分からない英単語や文法をそのままにせず、しっかり理解できるように注意する必要があります。

こちらの記事では、英単語や英文法の勉強の仕方を紹介していますので、学習の参考にしてください。

初心者向けの英単語学習法と参考書を解説しています。

参照:【TOEIC超初心者必見】英語が苦手な人が勉強を始めるなら単語から!

初心者向けの英文法学習法と参考書を解説しています。

参照:【TOEIC超初心者必見】決定版!英文法学習の始め方を解説!

解説が頭に入るまで繰り返し勉強をする

「解説が頭に入っている状態は」は本書のゴールです。

問題を解くときに、なぜ自分の選んだ選択肢が正解なのか、自分で解説できるようになりましょう。

先ほど紹介した「attend」の問題のように、なぜこれが正解かを解説できていれば、すでに文法を理解したといって間違いありません。

なので、このように自分で開設できる状態になるまで、繰り返し勉強するようにしてください。

1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!シリーズ

父まぐろ
父まぐろ

最後に、他の1日1分レッスン新TOEIC®TEST 千本ノック!シリーズを紹介しておきます。

すべて買う必要はありませんので、1冊買ってみてよければ購入を検討ください。

父まぐろ
父まぐろ

どれを買うべきか迷ったら、新しい方から買うことをおすすめします。

もちろん、順番をバラバラに購入しても、全然問題ありませんので安心してください。

まとめ

今回は「1日1分レッスン!新TOEIC®TEST 千本ノック!」シリーズについて紹介させていただきました。

最後にもう一度まとめておきますので、学習の参考にしてください。

おすすめな方
1. TOEIC初心者
2. 隙間時間で勉強をしたい方
3. 解説の充実した参考書を求めている方
初心者向けの勉強法
1. 【単語の意味】を読む・覚える
2. 問題を解く
3. 正解・解説を読む
4. 日本語訳を読む
5. 分からない文法や単語を調べる
6. 音声をリスニングしながら学習
利用時の注意点
1. 分からなかった問題はそのままにしない
2. 英単語・文法を理解することに重点を置く
3. 解説が頭に入るまで繰り返し勉強をする
この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを身をもって証明。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント