【TOEIC初心者必見】意外と忘れがち!「数量形容詞」について解説!

この記事は、こんな方むけ

TOEIC初心者

数量形容詞について知りたい方

TOEICでスコアアップできる数量形容詞のコツを知りたい方

父まぐろ
父まぐろ

今回もあなたのお悩みにお答えします。

数量形容詞って、なんだかよく分からない。

可算名詞・不可算名詞って何?

誰か教えてください。

父まぐろ
父まぐろ

それでは、数量形容詞についてお答えします。

あなたも、このようなお悩みをお持ちですね。

今回は、その様なお悩みにお答えします。

そもそも、数量形容詞って聞いたことがないという方もいるでしょう。

簡単にいうと、数や量の多い・少ないを表す形容詞のことです。

可算名詞か不可算名詞かによって、使われる数量形容詞が変わってきます。

そのせいで、「難しい…」「良く分からない…」という声が多いです。

でも安心してください。

TOEICで出題される数量形容詞は、全然多くありません。

なので、今回はTOEICに出題される数量形容詞にしぼって説明をします。

この記事を読んでいただければ、TOEIC 600点も夢ではありません。

まぐろ子
まぐろ子

数量形容詞で悩んでいる方は、ぜひ読み進めてください。

TOEIC学習サポートの決定版!

それが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース。

初心者がゼロから文法を学ぶなら、このアプリが一番おすすめ。

動画で文法対策ができるので、隙間時間でもしっかり学習できます。

無料体験なのに、すべての機能が利用可能

可算名詞・不可算名詞とは

数量形容詞について説明する前に、可算名詞・不可算名詞について知っておきましょう。

そもそも、「可算・不可算とは、なんだろうか?」という状態では、数量形容詞を理解するのが難しいです。

なので、先に可算名詞と不可算名詞について説明します。

可算名詞

簡単にいうと、一つずつ数えられる名詞のことで、単数形と複数形があります。

単数形では、冠詞の「a」や 「an」などが必要です。

例を挙げると、犬は1匹、2匹…と数えることができます。

英語では、one dog、two dogs、…と数えることができますので、代表的な可算名詞です。

表に可算名詞をまとめておきます。

ただし、一部、不可算名詞としても利用可能なものもありますので注意してください。

可算名詞の例
1. airplane(飛行機)
2. birthday(誕生日)
3. child(子供)
4. date(日付)※(年代)という意味では不可算名詞
5. example(実例)
6. fine(罰金)
7. group(「集合体としての」群れ)
8. holiday(休日)
9. image(画像)※「イメージ」という響きから不可算名詞と勘違いしやすい
10. jewel(宝石)※jewelry(宝石類)は不可算名詞です
11. knot(結び目)
12. lawn(芝生)※ある一定のareaの芝生を表し可算名詞である
13. menu(メニュー、料理)
14. novel(小説)
15. outlook(見通し、景色)
16. patient(患者)
17. quiz(クイズ)
18. resident(居住者)
19. sample(サンプル、標本)
20. tendency(傾向)
21. unit(単位)
22. vehicle(乗り物)
23. wallet(財布)
24. xylophone(木琴)←TOEIC出題される可算名詞が見つかりませんでした
25. yacht(ヨット)
26. zoo(動物園)

不可算名詞

簡単にいうと、1つずつ数えられない名詞のことです。なので、基本的に複数形はありません。

例えば、抽象的な概念や感情などの名前、形がなく数えられないもの (液体や気体、等)です。

例を挙げると、水はそれ自体を1個、2個とは数えられないので、代表的な不可算名詞になります。

英語でも「water」と表記されるだけで、「one water、two waters、…」とはしません。

もし、1個ずつ数えたいならば、a cup of water「水のコップ1杯」のようなコップ単位にする必要があります。

こちらの表に不可算名詞をまとめておきます。

ただし、一部、可算名詞としても利用可能なものもありますので注意してください。

不可算名詞の例
1. air(空気)
2. beauty(美)※(美人)の意味では可算名詞
3. coffee(コーヒー)
4. debate(討論)※(討論会)の意味では可算名詞
5. environment(環境)
6. food(食べ物)
7. gas(ガス)
8. happiness(幸福)
9. information(情報)
10. juice(ジュース)
11. knowledge(知識)
12. luggage(荷物)
13. money(お金)
14. necessity(必要性)
15. oxygen(酸素)
16. produce(農作物)
17. quiet(静けさ)
18. rain(雨)
19. snow(雪)
20. time(時間)
21. update(最新情報)※特定の最新情報を表す時は可算名詞
22. value(価値)
23. water(水)
24. xenon(キセノン)※TOEICに出題される不可算名詞が見つかりませんでした
25. yoga(ヨガ)
26. zinc(亜鉛)※TOEICに出題される不可算名詞が見つかりませんでした
たかし
たかし

ありがとうございます。

可算名詞と不可算名詞については分かりました。

父まぐろ
父まぐろ

良かった!

それでは、本題の「数量形容詞」について紹介します。

数量形容詞とは

数量形容詞とは、名前の通り、数や量の多い・少ないを表す形容詞もしくは熟語のことです。

修飾されるのが、可算名詞か不可算名詞どうかによって使い分けられます。

なので、可算名詞と不可算名詞を知っておくことが、非常に重要なんです。

TOEICに出題される数量形容詞は、限られていますので、次に頻出の数量形容詞の一覧をお示しします。

その上で、解説していきます。

数量形容詞の一覧

意味可算名詞・数の数量形容詞不可算名詞・量の数量形容詞
少しは…あるa fewa little
ほどんど…ないfewlittle
少なくない=たくさんのnot a fewnot a little
たくさんのquite a  fewquite a little
たくさんのmanymuch
たくさんのa large number ofa large amount(quantity)of
父まぐろ
父まぐろ

TOEICに出題される数量形容詞は、それほどバリエーションが多くありません。

なので、最低限これだけ覚えておいてください。

a few / a little

「少しは…ある」という意味を持ちます。

なので、a fewは「少しの数の…がある」、a littleは「少しの量の…がある」とそれぞれ数と量を表します。

例文

There are a few books in the shelf.「その棚には、数冊の本がある。」

There is a little water in the glass.「そのグラスの中には、少しの量の水がある。」

例文の様に、「a few」の後は複数形を取ることに注意しましょう。

また、「a little」は不可算名詞を修飾するので、それに続く名詞は複数形になりません。

また、「only」を用いることで、「a few / a little」を強調することができます。

例文

There are onlya few books in the shelf.「その棚には、ほんの数冊だけ本がある。」

There is only a little water in the glass.「そのグラスの中には、ほんの少しだけの水がある。」

few / little

「ほとんど…ない」という意味を持ちます。

なので、fewは「ほとんど数が…ない」、littleは「ほとんど量が…ない」とそれぞれ数と量を表します。

例文

There are few books in the shelf.「その棚には、ほとんど本がない」

There is little water in the glass.「そのグラスの中には、ほとんど水がない」

同じように「 few」に続く名詞は複数形、「little」に続く名詞は単数形になりますのは注意してください。

また、「very」を用いることで、「few / little」を強調することができます。

例文

There are very few books in the shelf.「その棚には、ぜんぜん本がない」

There is very little water in the glass.「そのグラスの中に、ぜんぜん水がない」

not a few / not a little

「すくなくない…」=「たくさん…ある」という意味を持ちます。

notが「a few / a little」を否定するので、「少ないわけではない」→「たくさん」となります。

なので、not a fewは「たくさんの数の…がある」、not a littleは「たくさんの量の…がある」とそれぞれ数と量を表します。

例文

There are not afew books in the shelf.「その棚には、たくさんの数の本がある」

There is not a little water in the glass.「そのグラスの中には、たくさんの量の水がある」

同じように「not a few」に続く名詞は複数形、「not a little」に続く名詞は単数形になりますので注意してください。

quite a few / quite a little

「たくさんの…がある」という意味を持ちます。

quite「かなりの…」が「a few / a little(少しは…ある)」を修飾するので、「かなり…ある」という肯定の意味に強調されます。

なので、quite a fewは「たくさんの数が…ある」、quite a littleは「たくさんの量が…ない」とそれぞれ数と量を表します。

例文

There are quite a few books in the shelf.「その棚には、たくさんの数の本がある」

There is quite a little water in the glass.「そのグラスの中には、たくさんの量の水がある」

同じように「quite a few」に続く名詞は複数形、「quite a little」に続く名詞は単数形になりますので注意してください。

many / much

「many」や「much」は、肯定的に「たくさんの…がある」という意味を持ちます。

manyは「たくさんの数が…ある」、muchは「たくさんの量が…ない」のように数と量を表します。

そして、これらの数量形容詞が試験で問われた際の注意点は、非常に単純です。

極論をいうと、manyやmuchに続く名詞が、可算・不可算名詞かどうかだけです。

例文

There are many books in the shelf.「その棚には、たくさんの数の本がある」

There is much water in the glass.「そのグラスの中には、たくさんの量の水がある」

同じように「many」に続く名詞は複数形、「much」に続く名詞は単数形になりますので注意してください。

また、「very」「so」「too」を用いることで、「many / much」を強調することができます。

例文

There are somany books in the shelf.「その棚には、かなりたくさんの数の本がある」

There is somuch water in the glass.「そのグラスの中には、かなりたくさんの量の水がある」

a large number of / a large amount(quantity)of

「a large number of」や「a large amount(quantity)of」は、肯定的に「たくさんの…がある」という意味を持ちます。

a large number ofは「たくさんの数が…ある」、a large amount(quantity)ofは「たくさんの量が…ない」のように数と量を表します。

例文

There are a large number of books in the shelf.「その棚には、たくさんの数の本がある」

There is a large amount(quantity)of water in the glass.「そのグラスの中には、たくさんの量の水がある」

同じように「a large number of」に続く名詞は複数形、「 a large amount(quantity)of」に続く名詞は単数形になりますので注意してください。

まとめ

今回は、数量形容詞の使い分け、可算名詞・不可算名詞について説明させていただきました。

最後に、紹介した数量形容詞の表をお示ししますので、あなたの学習の参考にお役立てください。

意味可算名詞・数の数量形容詞不可算名詞・量の数量形容詞
少しは…あるa fewa little
ほどんど…ないfewlittle
少なくない=たくさんのnot a fewnot a little
たくさんのquite a  fewquite a little
たくさんのmanymuch
たくさんのa large number ofa large amount(quantity)of
この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント