【TOEIC受験者必見】目標スコア達成後にすべきことを解説!

父まぐろ
父まぐろ

TOEIC920点ホルダーである私の経験を踏まえて解説します。

この記事は、こんな方向け

TOEIC勉強中の方

TOEIC目標スコア取得した方

TOEICで目標を達成した後にすべきことを知りたいですか?

答えは非常に簡単です。

その答えはあなたの中にあります。

つまり、あなたが何をしたいかによって、すべきことは変わってきます。

私も目標スコアを達成しておりますので、その経験を踏まえて目標達成後にすべきことを解説します。

この記事を読むことでTOEICスコア達成後にどうすべきかを知り、TOEICを勉強するモチベーションが高まります。

それでは早速解説させていただきます。

目標スコア取得後にすべきこと

目標スコア取得後にすべきこと
1. TOEICの勉強を続ける
2. オンライン英会話をする
3. ライティングの勉強をする
4. TOEIC以外の勉強をする

目標スコアを達成後にすべきことを3つにまとめました。

TOEICの勉強を続ける

対象となる方

TOEICが好きになった方

TOEICでさらに高い目標を達成したい方

目標スコアは達成したけれど、TOEICの勉強が楽しいという方やもっと高いスコアが取りたいという方は勉強をつづけましょう。

私はぜひ皆さんに、もっと高いスコアを目指してほしいので、この道筋を一番おすすめします。

高いスコアをとることで未来が変わってくるからです。

例えばTOEIC600点以上あれば就職で有利になることは有名ですが、これが700点、800点とスコア上がるにつれて外資系企業に就職できる可能性が高まります。

なので、目標スコアを達成したからといって、そこで満足せず勉強を続けてください。

そして、もし730点以上を目指すのであれば「KIRIHARA Online Academy」がおすすめです。

私も実際に受講して、そのカリキュラムと講師のレベルの高さを実感しております。

その様子についても触れた記事を紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください

オンライン英会話をする

対象となる方

英会話力が出来るようになりたい方

ビジネスの現場で英語のプレゼンテーションをしたい方

TOEIC L&Rの勉強は結局、リスニングとリーディングに重点を置く必要があります。

そのため、TOEIC 600点を取れた方でも、英語を話せないという方が大多数です……

私もTOEICのおかげでリスニング力が向上しましたが、ペラペラかというとそうでもありません。

そのため、しっかり英語を話せるようになりたいという方は、スピーキングの勉強をする必要があります。

そこで役に立つのが英会話スクールです。

TOEICで基礎ができているので、英会話スクールを利用すればスピーキング力が爆発的にアップします。

でも、いきなり入会するのは絶対にやめましょう!

もし、あなたと相性の良くない英会話スクールに入会してしまったら最悪です。

無料体験や無料カウンセリングも利用して、相性を確認してからでも入会は遅くありません。

無料体験・無料カウンセリングを持っている英会話スクールを紹介していますので参考にしてみてください。

ライティングの勉強をする

対象となる方

英語で文章を書けるようになりたい方

英語のメールでやりとりができるようなりたい方

先ほどもお伝えしたように、TOEIC L&Rではリスニングとリーディングに重点を置いています。

そのため、実際に英語を書けることとは、まったく別です。

TOEICの勉強をしたのであれば、英語のメールを読めるようになっていますが書けない方が大多数。

ですので、「英語を書けるようになりたい」「ビジネスで英語メールのやりとりをできるようになりたい」という方は、ライティングに力をいれましょう。

そのためのおすすめな方法は、やはり英語を書くこと。

私も英語で日記を書いていますが、書く内容を考えるだけで大変です。

それに、書いた内容が本当に正しい英語になっているか不安を感じます。

そんな時の不安解消に役立つのが「Fruitful English(フルーツフルイングリッシュ)」

チケット制の英語添削サービスです。

日本e-learning大賞「英語ライティング部門賞」も受賞しており、実績もしっかりしています。

課題も数百種類以上あるので、書く内容にも困りません。

プロの講師が熱心に添削してくれ、アドバイスも的確で充実しています。

私も利用させていただき、書いた内容がネイティブに伝わるものになっているか添削を受けていますが、控えめに言って最高です。

もしライティングの勉強をしたいなら「Fruitful English(フルーツフルイングリッシュ)」を使ってみてください。

父まぐろ
父まぐろ

今なら2回分の添削が無料になっていますが、いつサービスが終了するか分かりません。

なので、ライティングを勉強したいという方は、おはやめに!

TOEIC以外の勉強をする

対象となる方

必要な英語力は手に入れた方

リスニングとリーディングができれば十分な方

英語以外に取得したい資格がある方

目標スコアを取得し、それで十分必要な英語力を手に入れられたのであれば、さっさと違う勉強に移りましょう。

「時間は限られていますので、自分の必要とするスキルを磨いてください」

せっかく英語の勉強をしたのならば、英語を生かせる仕事関連のスキルを磨くのもよいです。

こちらに英語力を生かすことのできる仕事一覧を示します。

神田語学学院ホームページより引用

英語を生かせる仕事はたくさんありますが、流行りはITエンジニアです。

良く聞く話ですが、英語ができるとプログラミングをスムーズに覚えることができます。

なぜならば、ITエンジニアがプログラミングするとき、基本的に英語を利用します。

なので、英語ができることは、ITエンジニアとしての必須条件です。

逆にいうと、英語ができないとプログラミングもほぼ不可能と言わざるをえません。

その他にも、英語を生かせる仕事はありますので、それにあったスキルを伸ばしてもいいでしょう。

英語の勉強も継続しましょう

英語以外のスキルを磨くのは大切です。

ですが、せっかく目標スコアを達成できるほどの英語力をつけられたのであれば、維持しておいて損はありません。

英語は継続しないと徐々に力が落ちてしまいますので、ときどきは英語の勉強もしてください。

英語学習の時間を確保するのが難しいのであれば、隙間時間を有効活用しましょう。

日常の何気ない場面で英語を使うだけでも、英語力維持に役立ちます。

その方法についても以前解説していますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

その他に、ビジネスパーソンなら「ジャパンタイムズ」を購読するのがおすすめです。

ジャパンタイムズは、世界中ニュースをはじめ日本語の時事ネタをまとめた英字新聞です。

週1回販売ですので、負担にならず英語に触れることができます。

世界の経済や情勢に触れながら英語の勉強ができるので、英語力を鍛えたいビジネスパーソンには一石二鳥です。

こちらの記事では、ジャパンタイムズについて解説中です。

参照:英字新聞「ジャパンタイムズ」で英語力アップ

まとめ

今回は、TOEICで目標スコアを達成した後にすべきことを解説しました。

最後にもう一度まとめます。

目標スコア取得後にすべきこと
1. TOEICの勉強を続ける
2. オンライン英会話をする
3. ライティングの勉強をする
4. TOEIC以外の勉強をする

目標スコア達成後に何をしたらいいか悩んでいるあなたに、ぜひ参考にしてもらえればうれしいです。

この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話からスマホアプリなど様々な参考書や勉強法を試しながら何度もTOEICを受験。

最終的にTOEICスコア920点を取得。TOEICで高得点を取得後は社内でも一目置かれる存在に!

社会人になってから英語を始めても遅くないことを証明

この経験を生かしてTOEICで目標スコア達成するためのサポートになるようブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を考案中。

コメント