【TOEIC超初心者必見】英語が苦手でも大丈夫!リスニングの始め方を解説!

父まぐろ
父まぐろ

TOEIC920点取得した経験を踏まえて、あなたの悩みにお答えします。

この記事は、こんな方向け

中学英語も分からない方

リスニングの勉強法を知りたい方

英語が本当に苦手だけどTOEICの勉強をしなければならない方

「英語が本当に分からない……」

「リスニングなんてもってのほか……」

「だれかリスニングの勉強法を教えてほしい」

父まぐろ
父まぐろ

こんな悩みをお持ちですね。安心してください。

今回は、リスニングの勉強法をお教えします。

英語が苦手なのに「TOEICで600点を取れ!」なんて言われていませんか?

特にリスニングって苦手意識を持っている人って多いです。

多くの方は中学校の時に苦手意識をもってから、それっきりという方が大半です。

私自身もその中の一人でした……

発音記号さえも、ままならなかったのが私です……

そんな私でもTOEIC 920点を取得できたのは、確実にスコアアップできる方法で勉強をしたからです。

今回は私の経験を踏まえ、超初心者でも英語が聞こえるようになれるとっておきの勉強法を解説します。

この記事を読むことで、TOEIC600点を越えられるリスニング力を手に入れられます。

まぐろ子
まぐろ子

スコアアップしたいという方は、ぜひ読み進めてください。

リスニング勉強の順番・必要な参考書

リスニング勉強の順番・必要な参考書
1. リスニングを始める前に
2. 用意する参考書
3. リスニング勉強の順番
3-1. 単語の音を覚える
3-2. 熟語・文章単位で覚える
3-3. シャドーイングで地固め
4. 試験対策はTOEIC Bridgeで!
5. 紹介した参考書まとめ

リスニングを始める前に

リスニングの勉強をはじめる前に注意点があります。

それは、「英単語や英文法を勉強した後に、リスニングを始めること」です。

それにはもちろん理由があります。

英単語も英文法も分からない状態でリスニングをしてしまうと、内容の理解があいまいになってしまうからです。

ですので「英単語」「英文法」を先に勉強してください。

詳細はこちらの記事で解説中ですので、一度目を通しておいてください。

参照:600点確実!効率的な勉強法と順番を徹底解説!

用意する参考書

リスニングの参考書を持っていない方や、これから英語を始める方に用意してほしい参考書があります。

それは、英単語帳「銀のフレーズ」です。

これさえあれば、他のリスニングの参考書を買う必要はありません。

「銀のフレーズ」は英単語帳ですが、アプリを使うことでリスニング勉強に利用できますので絶対に買ってください。

値段:979円(税込)

TOEICを100回以上受験したTEX加藤先生の珠玉の英単語帳。

TOEIC頻出 1,000単語を収録。

「銀のフレーズ」「銀フレ」と呼ばれることが多い。

TEX加藤先生のTOEIC小ネタが覚えやすさをさらにアップさせてくれる。

アプリのabceed(エービーシード)を利用することで、無料で音声を聞くことができます。

abceedは非常に優秀なアプリですので、他の「金のフレーズ」などの英単語帳も無料で音声を聞くことができます。

父まぐろ
父まぐろ

abceedの音声を使って勉強しますので、ダウンロードを忘れずに。

リスニング勉強の順番

単語の音を覚える

英語の基礎は単語からしましょう。

リスニングは単語から行うことで、確実に英語の耳が養われていきます。

その時は、発音記号をチェックするより、音を聞きながら勉強するようにしてください。

発音記号をながめているだけでは、絶対にリスニング力はつきません。

なぜなら、英語の音を理解できていないと、テストに出てきても理解できずスルーしてしまう可能性があります。

「単語」と「発音」を自分の中で一致させることで、聞き逃すことなく理解できるようになります。

この様に単語を勉強することで、リーディング力とリスニング力が同時にアップできるのです。

ですので「銀のフレーズ」を持っている方は、参考書を片手に単語の音をリスニングしましょう。

熟語・文章単位で覚える

英単語の音が分かるようになってきたら、次は文章や熟語単位でリスニングの勉強をします。

なぜなら、英語は熟語や文章になると、単語と単語のつなぎめが変化します。

例えば、take out(取り出す)は単語単位だと、テイク アウトの様に発音するかもしれません。

ですが、実際は「テイカウト」のように、takeとoutをつなげて発音します。

単語がある程度わかるようになったら文章毎の音で聞きましょう。

その時には、単語と単語のつなぎ目に注意してください。

「銀のフレーズ」では、英単語の後に熟語・文章の音も流れてきますので一緒に聞いてしまいましょう。

そして、次に紹介する方法を組み合わせることで、さらに効果的な勉強につながります。

シャドーイングで地固め

リスニングの勉強をするなら、やっぱりシャドーイングしかありません。

シャドーイングとは英語を聞きながら、自分でも発音することです。

一文ずつでもよいのでシャドーイングをすることで、効率的にリスニング力を鍛えることができます。

初心者にはおすすめしないという方もいますが、私はそうは思いません。

自分で口ずさんでアウトプットすれば、勉強の質を何倍にもアップさせることができるからです。

詳しいシャドーイングの勉強法は、こちらの記事で解説していますので読んでください。

初心者でもできるシャドーイング勉強法ですので、この記事を読めばシャドーイングを自分のものにできます。

試験対策はTOEIC Bridgeで!

「銀のフレーズ」でリスニングの勉強をした方なら、すでに1,000単語以上は自分のものにできているはずです。

ここまでくれば、単語と単語のつなぎ目も意識してリスニングができるようになっています。

そんな方は、本番対策も織り交ぜつつ勉強をしていきましょう。

本番対策というと「公式TOEIC Listening & Reading問題集」をおすすめする方もいますが、英語に苦手意識をもっているなら無理は禁物。

そのあなたには「TOEIC BridgeListening & Reading 公式ワークブック」がおすすめです。

公式TOEIC Listening & Reading問題集よりも内容が優しくなっていますので、苦手意識をもつことなくリスニングの勉強をすることができます。

TOEIC Bridgeについてはこちらの記事で紹介中です。

「TOEIC Bridgeってなに?」という方は、一度読んでみてください。

参照:TOEIC本試験が難しいと感じたらTOEIC Bridge!

その上で、TOEIC Bridgeでは物足りなく感じた方は、「公式TOEIC Listening & Reading問題集」を使いましょう。

こちらは、公式問題集というだけあって、本番同様のリスニングで勉強をすることができます。

公式問題集のリスニングが聞こえるようになっていれば、すでに初心者レベルを越えているでしょう。

公式問題集での勉強法はこちらの記事で解説しています。

こちらの記事で紹介している勉強法を使えば、さらにリスニング力が伸びること間違いなしです。

興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

参照:決定版!公式TOEIC問題集の勉強法を徹底解説!

紹介した参考書

父まぐろ
父まぐろ

今回の記事で紹介した参考書を最後にまとめておきます。

TOEIC L&R 出る単特急 銀のフレーズ

値段:979円(税込)

TOEICを100回以上受験したTEX加藤先生の珠玉の英単語帳。

TOEIC頻出 1,000単語を収録。

「銀のフレーズ」「銀フレ」と呼ばれることが多い。

TEX加藤先生のTOEIC小ネタが覚えやすさをさらにアップさせてくれる。

アプリのabceedを利用することで、無料で音声を聞くことができます。

TOEIC Bridge Listening & Reading 公式ワークブック

概略

値段:2,200円(税込)

発売日:2021年7月22日

TOEIC Bridge専用の公式ワークブック。

TOEIC Bridge Listening & Reading Testsに対応。

この1冊で各パートの問題をWH疑問文・語彙・長文読解といったタイプ別に学習し、本番形式の実践テストで総仕上げまで可能。

3ステップの書き込み学習により段階的に基礎固めできるのも特徴のひとつ。

実践テスト2回分収録。

公式スピーカーによる音声CD付き。

スマホアプリabceedを使うことで音声をダウンロード可能。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集

値段:3,300円(税込)

TOEICのリスニング勉強に、おすすめの参考書は「公式TOEIC Listening&Reading問題集」

初心者から上級者まで利用できるのが一押しポイント。

公式の発音に耳を慣らしつつリスニング力を鍛えられます。

公式問題集の勉強法を紹介記事がありますので、公式問題集を持っている方は読んでください。

参照:決定版!公式TOEIC問題集の勉強法を徹底解説!

父まぐろ
父まぐろ

公式問題集はTOEICを受ける方は必須ですので、まだの方は必ず購入してください。

まとめ

この記事は、英語が本当に苦手な方でもリスニングができるようになるための方法を紹介しました。

この記事の通りに勉強することで、確実にリスニング力がアップします。

TOEIC600点突破も夢ではありませんので、ぜひ紹介した順番で勉強してみてください。

リスニング勉強の順番・必要な参考書
1. リスニングを始める前に
2. 用意する参考書
3. リスニング勉強の順番
3-1. 単語の音を覚える
3-2. 熟語・文章単位で覚える
3-3. シャドーイングで地固め
4. 試験対策はTOEIC Bridgeで!
5. 紹介した参考書まとめ
この記事の作者はこんな人
父まぐろ

初回受験時、がっちり勉強してTOEICに臨むも点数は400点以下で絶望。

オンライン英会話やスマホアプリ、多くの参考書、様々な勉強法を試しながら、何度もTOEICを受験。

TOEICスコア920点を取得。スコア取得後、社会人大学院生になり学位をとることができました。

社会人になってから英語を始めても、遅くないことを証明しました。

この経験を生かし、スコアが伸び悩んでいる方や初心者のサポートをするためブログを開設。

現在、自分自身も英語学習を継続しながら、さらに効率的な勉強法を日々考案中。

コメント